誘へ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 彼は近処に友達がないもので学校から帰ると私を誘ひにきて裏で遊ぶ。 ...
  • コースへ出たいだらうが、ぼくが行かないと決して誘はれても出かけない。 ...
  • そして自分から誘ふやうにして皆と一しよにカツフエへ行くのだつた。 ...
  • どちらから誘ひ合ふともなく、二人は夕方の散歩にと二階を下りた。 ...
  • 夕方、友人が散歩に誘ふと彼はいかにも氣が進まなさうについて行つた。 ...
  • そして、私は知らない間に何かに誘はれるやうに、深く眠り落ちてしまつた。 ...
  • 龜の子よりも人間の方に興味を持つて、彼も誘はれるまゝに縁に出た。 ...
  • 世間が彼から奪つて迷路に誘ひ込まうとしてゐる兄弟達の上であつた。 ...
  • それは初夏のもの悩ましい若い男の心を漂渺の界に誘ふて行く夜であつた。 ...
  • 歳子は落付いてはゐられないたのしい不安に誘はれて内玄関から外へ出た。 ...
  • 別にそれは、緋奈子が日夜私をうるさく散歩に誘ふからではないのです。 ...
  • そして折から誘ひに來た友と一所に表に出ていつてしまつた。 ...
  • しかし、女はなかなか承知せず、執拗に誘ひの言葉をかけるのである。 ...
  • 斎藤氏は朝寝坊をしたと云つて、八時すぎに食堂へくのを誘ひに来た。 ...
  • 己の目の火のやうな特別な光も人をいざなふには十分だ。 ...
  • 私はそれらのものが種々なる誤解を誘ひ得ることを懸念せずにはゐられなかつた。 ...
  • そのうち二度ほど、奥さんの家へ誘はれて行つたことがある。 ...