誘うよう

535 の用例 (0.00 秒)
  • 悪魔が、神の国にやってきて、みんなを地獄へ誘うような歌なんですね。 淀川長治『続々』より引用
  • しかし、日本の女は相手のプロポーズを誘うようなことを積極的にする。 呉善花『続 スカートの風』より引用
  • 鶴は矢のように飛びながら、心を誘うような悲しげな声で鳴いて行った。 チェーホフ/中村白葉訳『チェーホフ短編集「燈火」』より引用
  • 藤森さんの髪からはやっぱり誘うようで拒むような、そんな匂いがした。 吉田修一『最後の息子』より引用
  • すると、少女は「自分で考えたのよ」と言って、また誘うように笑った。 大石圭『檻の中の少女』より引用
  • いくつもの視線しせんが自分を誘うように、じっとこちらだけを見ていた。 伊都工平『天槍の下のバシレイス2 まれびとの棺 〈下〉』より引用
  • 出てこない涙を誘うように、うえーん、と子どものように声を出してみる。 角田光代『対岸の彼女』より引用
  • 今までの感情のない声とは少し違って、何やらあわれを誘うような声だった。 渡瀬草一郎『まじょるか。』より引用
  • 私をどこか、決して近づいてはならない秘密の園へと誘うように。 綾辻行人『暗黒館の殺人(下)』より引用
  • 桃色に濡れた唇が誘うように動き、中からちろちろと舌を覗かせていた。 瀬名秀明『パラサイト・イヴ』より引用
  • ラスコーリニコフはあわれみを誘うようなさびしく沈んだ目で彼を見た。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『罪と罰』より引用
  • そういって少女が少女を誘うように牡牛おうしのように大きな倉地を誘った。 有島武郎『或る女』より引用
  • そう言って少女が少女を誘うように牡牛おうしのように大きな倉地を誘った。 有島武郎『或る女』より引用
  • 女は怖れを知らぬ性質とみえて、人懐っこい調子で誘うように言った。 横溝正史『蔵の中・鬼火』より引用
  • ドクロちゃんはゆっくりと眠気ねむけを誘うような声で僕に語りかけ始めます。 おかゆまさき『撲殺天使ドクロちゃん』より引用
  • そんな彼は、まるで友人を散歩に誘うような気楽な口調でこういった。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで2』より引用
  • 並んだ遊具から、長いかげが誘うように裕生たちに向かって伸びている。 三上延『シャドウテイカー1 黒の彼方』より引用
  • すると私のこの感激を一層高潮に誘うような不思議な事件が突発した。 国枝史郎『沙漠の古都』より引用
  • 薄目をあけて距離を取りながらも、誘うようにしなければならない。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 10 重層の刻』より引用
  • 部屋の中もごちゃごちゃしていて、女の子を誘うようなところじゃありません。 有栖川有栖『海のある奈良に死す』より引用
  • 次へ »