誘うべく

20 の用例 (0.00 秒)
  • 仲間を誘うべきか迷ったけれど、もう少し調べてからにしようと決めたんだ。 高橋克彦『幻少女』より引用
  • どうやって彼女をホテルへ誘うべきか。 阿部牧郎『オフィスラブ――甘い誘惑』より引用
  • 家族を失った後半生、本当にただ一人で生きていくつもりであれば、桐子を山へなど誘うべきではない。 森村誠一『棟居刑事 悪の山』より引用
  • 弟を誘うべきだったと思った。 長嶋有『猛スピードで母は』より引用
  • それと並行して尼子軍の内部崩壊を誘うべく離間策を巡らせた。
  • 杉原なら今ここでたちどころに、誘うべき名前を全部数えあげられる程なのであった。 半村良『赤い酒場』より引用
  • だが逆にその言葉のとおりに生きてゆくことが幸福だと思う奴もいるかもしれないが、だとしたならば、その事実と真理は追求され世界を明日へと誘うべきだが、人の心によって成り立つその命令的幻聴はとてもちっぽけに思えたんだ。 尾崎豊『普通の愛』より引用
  • 八郎は笹隠れの構えを解かず、左之助を「懸」に誘うべく丹田に力を集中させた。 中村彰彦『恋形見』より引用
  • だが日帰りなら許されるだろうし、このドタバタの礼だと思えば一日くらいは正しくデートに誘うべきだろう。 亜瑠『愛と青春のドタバタ』より引用
  • シュライヒャーは自分が首相に就任し、ナチ党の一部を取り込んで分裂を誘うべきと主張した。
  • たまには部下を酒場に誘うべきだ。 青木雨彦『平家物語の知恵』より引用
  • むしろ、支店長、次長ぐらいは食事に誘うべきかも知れない。 山田智彦『銀行 男たちの挑戦』より引用
  • 秋葉がいないところで、誘うべきだったか。 奈須きのこ『歌月十夜 40 遙か彼方の――』より引用
  • 彼はさらに有能の士を誘うべく、その書を咸陽の城門に並べて「もしこれに一字を増減し得る者あらば千金を与えん」としるしたという。 駒田信二『中国妖姫伝』より引用
  • おれは放電ジャックをエネルギー・ソケットに突っ込み、強化服の攻撃を誘うべく立ち上がった。 菊地秀行『トレジャー・ハンター04 エイリアン黙示録』より引用
  • 彼は断られようとしざまにののしられようと構わず、執拗しつように彼女を誘うべきだった。 呉善花『新 スカートの風』より引用
  • どうせならラブホテルに誘うべきだった。 峰隆一郎『殺人特急逆転の15分』より引用
  • それとも単刀直入に切り込んで、動揺を誘うべきか。 梅原克文『カムナビ(上)』より引用
  • どうせなら皆んなも誘うべきです。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 君を乗せる舟』より引用
  • そのはてしない季節の、とあるあたたかな一日、白い午後のこと、〈まばたき〉が苦労して起き上がって、ふたりをまた深い冬眠へと誘うべく、新しい粉を燃やそうとしているとき、ぼくはたずねてみた。 クロウリー『エンジン・サマー』より引用