誘うとき

16 の用例 (0.00 秒)
  • そのくせ私が誘うときは、決して「いや」とは云いませんでした。 谷崎潤一郎『痴人の愛』より引用
  • 女を誘うときの常套句じようとうくのようで気恥ずかしさを覚えたが、他にきようがない。 鈴木光司『ループ』より引用
  • 細かいことだが、女性を誘うときには、「〜ませんか」と言ってはいけない。 阿刀田高『詭弁の話術』より引用
  • 康子は彼を誘うとき、いつもそうしたホテルを指定して来る。 石川達三『青春の蹉跌』より引用
  • 鳴嚢の役割として、メスを誘うときに鳴き声を増幅させるのに利用される。
  • 昨夜、床へ誘うとき、霞は小さな声で「ヤクザにしないで下さい」といった。 渡辺淳一『ひとひらの雪(上)』より引用
  • だから、良彦などは最初に女をベッドに誘うときに別れることを考える、と言っていた。 峰隆一郎『殺人急行北の逆転240秒』より引用
  • 五助を誘うときはいつも金が必要だった。 つかこうへい『龍馬伝 野望篇』より引用
  • よし、こんどM子をランデヴーに誘うときには、あいつに乗ろう。 安岡章太郎『良友・悪友』より引用
  • この巨匠が、女性を誘うときは、いつも同じセリフなのだ。 赤川次郎『やさしい季節 上』より引用
  • 二番目の「生きにえ」を誘うときに使った手だ。 今邑彩『翼ある蛇(「蛇神」シリーズ第2巻)』より引用
  • 思い返してみると、油谷がゆみ子を誘うときには、かならずるみがその席にいた。 吉行淳之介『技巧的生活』より引用
  • どの家も竹囲いしてあって、誘うとき外から声をかけるが、きまって「軍司は居ねぇ」と父親の声がする。 佐木隆三『深川通り魔殺人事件』より引用
  • 彼らはことさらに自己について書かないにしても、少なくとも機会が彼らをそこに誘うときは、決して衆人環視の前に飛び出すことをためらわない。 モンテーニュ/関根秀雄訳『モンテーニュ随想録抄』より引用
  • 須ノ崎は自分で言っておきながら忘れてしまっていたが、桐原をキャンプに誘うとき、〝来れば女とやれる〟と話していた。 深谷忠記『タイム』より引用
  • ちょうど、かけをする人が勝負に誘うとき、『ちょっと一番』と言い、酒飲みが『ほんの一杯』または『小さいのを一杯』と言う、あの調子だ。 ヘッセ/高橋健二訳『ガラス玉演戯(下)』より引用