誘うということ

6 の用例 (0.00 秒)
  • こうした行動が被害者の怒りを誘うということは、さほどの知能がなくても理解できるだろう。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • この穴居人の女は、逃げるということが、狂暴な野獣をまちがいなく攻撃に誘うということを知っていたのだ。 バローズ/佐藤高子訳『ペルシダーに還る』より引用
  • また、意図的に誰かを先行して独占させ、他のプレーヤーの焦りを誘うということも併せて行うこともある。
  • 忠兵衛はいちはやく、又左衛門が自分との間に距離をおいていることを察知した様子だったが、反対しないかぎりは無害と考えたのか、たとえば自分の誘いに対して、又左衛門がさきのような答えをしても、さらに無理強いに誘うということはしなかった。 藤沢周平『風の果て(下)』より引用
  • そして、そのあとできまって秋山宇一は、 「是非あなたも行かれるといいですよ」 と云うのだったが、どういう場合にでもあらかじめ誘うということはしなかったし、この次は一緒に行きましょうとは云わなかった。 宮本百合子『道標』より引用
  • 今、隆士が信夫を吉原に誘うということも、世間一般からみるとさして不道徳でも、まためずらしい話でもなかった。 三浦綾子『塩狩峠』より引用