誘う

全て 動詞
3,563 の用例 (0.02 秒)
  • それは僕がまだ一度も触れたことのない心の領域へと僕を誘うものだった。 尾崎豊『黄昏ゆく街で』より引用
  • 楽の音に誘われるように、客たちの何組かが広間の中央に出て踊りだす。 三浦真奈美『風のケアル 第1巻 暁を告げる鐘』より引用
  • 約一カ月半ぶりの再会を果たしたのだが、誘ったのは彼女のほうだった。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 河野は何処かへ行こうと私を誘ったが、私は何処へも行きたくなかった。 豊島与志雄『未来の天才』より引用
  • 私に下心はないと納得したのか、彼女はそれ以上誘おうとはしなかった。 イネス/池央耿訳『ベルリン空輸回廊』より引用
  • 男を選ぶ権利は女が持っているが、男に誘われるのをじっと待っている。 峰隆一郎『殺人急行北の逆転240秒』より引用
  • 悪魔が、神の国にやってきて、みんなを地獄へ誘うような歌なんですね。 淀川長治『続々』より引用
  • 著名な作家の接待で行ったクラブで、客のつかない女性に誘われたのだ。 樹生かなめ『~ラベンダー書院物語~ その男、発情中につき』より引用
  • コーチをやってみないかと祖父に誘われたとき、これだって思ったのよ。 森絵都『DIVE!! 上 (RubyMate変換)』より引用
  • 誘われてそのままいっしょに椅子に腰をおろして食べるものもあった。 開高健『青い月曜日』より引用
  • だから会社を出るときに先輩に誘われてしまうと本当に困ってしまう。 群ようこ『無印OL物語』より引用
  • ほかに何か理由があるからこそ、しつこく誘っている気がしてならない。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 誘われたのに元気づいてか、学生ははっきりした言葉使いで云い出した。 豊島与志雄『変な男』より引用
  • 仲間に誘われて入ったそうだが、夫のほうは金の必要な状況ではなかった。 峰隆一郎『殺人急行北の逆転240秒』より引用
  • お文を送った帰りに通りすがりの男を誘うのではないかとはらはらする。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さらば深川』より引用
  • 毀れた箇所を自分の存在が刺激し、爆発を誘っていることは間違いない。 桐野夏生『OUT(下)』より引用
  • 声に誘われるように神田絵美は二階のテレビのスペースに歩いていった。 林亮介『和風Wizardry純情派 2』より引用
  • そういって彼女が身を寄せてきたとき、誘われていることがわかっていた。 笹倉明『遠い国からの殺人者』より引用
  • 三人で食事をしないかと誘ったが、家で食べるからいいと言うだけだった。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 博士も来ないかと誘われたがこの歳であの上り坂の森を進むのは辛い。 むぅ『「花火」 ~いつか果たされる約束~』より引用
  • 次へ »