誘いを断る

59 の用例 (0.00 秒)
  • でも彼は仕事があるからと言って誘いを断ったのだ。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える1』より引用
  • 自分が素っ気ない態度をとらなければ、彼は亜美の誘いを断らなかったはず。 新堂冬樹『ある愛の詩』より引用
  • 助手就任後は、他大学・他学部からの誘いを断り続け「大助手」と呼ばれる。
  • 夕食の誘いを断り、パン工場を後にした頃には、空は一面の茜色に染まっていた。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • 店まで送るという神宮寺の誘いを断って、おれは東口のネオン街を歩いた。 石田衣良『反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク5』より引用
  • 確かに、一緒に住まないかという誘いを断ったのは俺のほうだ。 高橋龍也『痕 ―きずあと―』より引用
  • 誘いを断られるのは珍しいが、まあそういう事もあるだろう。 奈須きのこ『DDD HandS』より引用
  • なのに今は、わざわざリディアに呼びかけて、テリーサの誘いを断った。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第04巻 恋人は幽霊』より引用
  • そして私も誘いを断るようになり、残った二人は重い腰を上げるみたいにつきあい始めた。 今野緒雪『マリア様がみてる 31 マーガレットにリボン』より引用
  • 副社長の意向というのであれば、誘いを断るわけにはいかない。 佐竹一彦『警視庁公安部』より引用
  • セミナーの誘いを断ったら、ヒビノとの線が切れてしまう気がした。 曽根圭介『鼻』より引用
  • 彼がお目当てのキャラでないのなら、あえて誘いを断ることも大切なのです。 平坂読『ラノベ部 第1巻』より引用
  • 友人の誘いを断ってばかりだったから不義理をしている人たちとゆっくりご飯を食べたり温泉へ行ったりしたいと思っていた。 山本文緒『プラナリア』より引用
  • たぶん誘いを断らなかった唯一の理由はそこだろう。 松岡圭祐『千里眼 堕天使のメモリー』より引用
  • でも僕はその女の子の脚が悪いと聞かされたときに、どうしてもその誘いを断ることができなくなってしまった。 村上春樹『国境の南、太陽の西』より引用
  • 友人からの遊びの誘いを断って偉人伝を読む子供だった。
  • わたしは、古巣からの復職の誘いを断るために海外逃亡をきめたのだ。 松岡圭祐『千里眼 ファントム・クォーター』より引用
  • しかしあれは、ぼくの誘いを断る口実だったんじゃないかな。 結城昌治『振られた刑事』より引用
  • わたしの誘いを断る殿方は、今までひとりもいなかったのよ。 丈月城『カンピオーネ! 03 はじまりの物語』より引用
  • 誘いを断ると、一人だけ律儀りちぎに学校の規則を守っているように、他人の目には映るようである。 乙一『天帝妖狐』より引用
  • 次へ »