誘いを断ること

10 の用例 (0.00 秒)
  • そして男が「駄目だ」と言えば安心して、その誘いを断ることができた。 サタミシュウ『私の奴隷になりなさい』より引用
  • 彼がお目当てのキャラでないのなら、あえて誘いを断ることも大切なのです。 平坂読『ラノベ部 第1巻』より引用
  • でも僕はその女の子の脚が悪いと聞かされたときに、どうしてもその誘いを断ることができなくなってしまった。 村上春樹『国境の南、太陽の西』より引用
  • 自分自身以外、何一つ持っていなかった一四歳の私に、ベッドと食べ物と、建前たてまえだけとはいえ市民権を与えてくれる情報部の誘いをことわることは、不可能だった。 河出智紀『まずは一報ポプラパレスより 1』より引用
  • 誘いを断ることなど考えられなかった。 新津きよみ『女友達』より引用
  • 結局彼女は、待田の誘いを断ることにした。 機本伸司『神様のパラドックス』より引用
  • ロペスが酒の誘いを断ることなど滅多になかった。 馳星周『夜光虫』より引用
  • 夜は夜で、係長や課長に声をかけられ、尾形ならいざ知らず、そんな上司の誘いを断ることも出来なくて、結局は午前様の日が続いてしまった。 乃南アサ『冷たい誘惑』より引用
  • しかし、今、自分が「もう若くない」と認めてしまうと、アルコールの誘いを断ることが苦でも何でもなくなった。 赤川次郎『禁じられた過去』より引用
  • 津田の誘いを断ることはなかった。 長嶋有『パラレル』より引用