誘いを断る

59 の用例 (0.00 秒)
  • 本の話をするのが大好きな美人の誘いを断る理由などどこにもなかった。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~』より引用
  • 自分が友人たちの誘いをことわって一人で帰るようになったのはいつからだろうか。 乙一『天帝妖狐』より引用
  • 飯を食い終わった俺は、カラオケをしようという上野らのさそいを断った。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常⑥』より引用
  • 恩師の誘いを断りはしたが、福田の頭にはその教えが刷り込まれていた。 水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』より引用
  • かといって、慎二の誘いを断ったらあいつが何をするか不安ではある。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • そして男が「駄目だ」と言えば安心して、その誘いを断ることができた。 サタミシュウ『私の奴隷になりなさい』より引用
  • あ、そうですかと、社長は、遊びの誘いを断られた子供のような目をした。 宮部みゆき『名もなき毒』より引用
  • 彼はミラノからの誘いを断り、いくつかの都市の職を転々と巡っていた。
  • 普段自分はどんな理由をつけて、友人たちの誘いを断っていたのか。 鈴木光司『らせん』より引用
  • 咲良ちゃんの誘いを断るようなことを言うはずはないと思っていた。 新井輝『ROOM NO.1301 09』より引用
  • 今日はそこで食事をとるからと、メンバーは他からの誘いを断った。 山際淳司『Give up オフコース・ストーリー』より引用
  • こんなことなら、同僚の誘いを断らずに一緒に行っていればよかったと思う。 貴志祐介『硝子のハンマー』より引用
  • 渋谷は岩村を通しての菱井電業からの誘いを断ったことを言ったのである。 森村誠一『大都会』より引用
  • マリオはアルコールの誘いを断ると、店の女主人にドリンクを注文した。 楡周平『マリア・プロジェクト』より引用
  • 彼らの誘いを断って帰宅する途中、大悟は不思議な女性に声をかけられる。
  • いや、もしおれがとって置きの一言を言えば、もうおれの誘いを断り切れまい! 織田作之助『土曜夫人』より引用
  • そしてこの時点では、彼のセックスの誘いを断る自信も余裕もある。 サタミシュウ『ご主人様と呼ばせてください』より引用
  • けれども、副社長の誘いを断るわけには行かないことは、自明のことでした。 柴田翔『されどわれらが日々──』より引用
  • 彼がしたわれていたというわけではなく、遊びの誘いを断ると後が怖かったからだ。 乙一『平面いぬ。』より引用
  • それによって、広太は、自分の誘いを断られた理由をわかってくれるだろう。 源氏鶏太『停年退職』より引用
  • 次へ »