誘い

全て 名詞 動詞
6,134 の用例 (0.01 秒)
  • あなたをこんな面倒なことに誘い入れなければよかったのかもしれない。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • 彼等は信長の名による誘い状だけではとうてい参戦しなかったであろう。 司馬遼太郎『国盗り物語』より引用
  • 何かを注文するようにという無言の誘いが感じられるように思われた。 O・ヘンリー/大久保博訳『O・ヘンリー短編集(下)』より引用
  • いずれにしても雅也としては、頼江からの誘いについて話すべきだった。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • そんなときに、テレビの旅番組に参加してみませんかという誘いを受けた。 東海林さだお『ショージ君のぐうたら旅行』より引用
  • ということはつまり、男からの誘いについても過敏になっているはずだ。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 今夜、妻は誘いに応じてくれるようだが、本心ではどう考えているのか。 神崎京介『禁忌』より引用
  • それだからめったには来ないが、今日は誘いに寄るといっていたのです。 リルケ・ライネル・マリア『家常茶飯 附・現代思想』より引用
  • その姉を誘いに来るのだから、きっとおもしろくなかったにちがいない。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • しかし私には彼女が誘いをかけているようにおもわれてならなかった。 森村誠一『自選恐怖小説集 人間溶解』より引用
  • これから誘いに行くつもりだったので降りてきてくれたとは好都合だ。 林亮介『和風Wizardry純情派 2』より引用
  • 万里と柳澤やなぎさわが彼もさそい、これから一緒いっしょに一年生飲み会に出る予定だった。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 02巻 答えはYES』より引用
  • これでぼくが、今度はごくありきたりの調子になった会話に誘いこまれた。 キャロル/柳瀬尚紀訳『シルヴィーとブルーノ』より引用
  • この誘いを受けたのは、わたし一人だけではなかったということがわかった。 クリスティ/能島武文訳『ABC殺人事件』より引用
  • わたしの手紙の中に、逢い引きの誘い以外のことを読み取れなかったの? アレクサンドル・デュマ/鹿島茂『編訳 王妃マルゴ(上)』より引用
  • なるほど親切な人物らしいと、堀部君もまず喜んで内へ誘い入れられた。 岡本綺堂『雪女』より引用
  • 女から誘いをかけられて朝次が外で一夜を過ごすことは珍しくはなかった。 皆川博子『旅芝居殺人事件』より引用
  • そういう女から誘いがかかれば、男は一も二もなく古い女をすっぽかす。 森瑤子『スクランブル』より引用
  • それ以降二度と、自殺への誘いがタケシを完全に支配することはなかった。 富田倫生『パソコン創世記』より引用
  • 木はあなたたちを巻きひげの届くところへ誘いこもうとしているのよ。 エディングス『マロリオン物語03 マーゴスの王』より引用
  • 次へ »