誓う

全て 動詞
1,799 の用例 (0.01 秒)
  • こんにち民衆が自分の未来のためにもっている誓いはただ一つしかない。 宮本百合子『今日の日本の文化問題』より引用
  • 世界中どこを探してもぼく以上に会いたかったひとはいないと誓うように。 フィッツジェラルド・フランシス・スコット『グレイト・ギャツビー』より引用
  • 彼女は彼女で、二日の間、彼女がなしたあらゆる宗教上の誓いを忘れた。 スタンダール/宗左近訳『カストロの尼』より引用
  • この王ならば命を捨ててもよいと思うからこそ、忠誠を誓ったのである。 水野良『剣の国の魔法戦士』より引用
  • 彼女には変わらぬ愛の誓いよりもそのほうがずっとよかったにちがいない。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • だがな、国を出たときのおれたちの誓いを忘れたってのはいただけねえ。 馳星周『不夜城完結編 長恨歌』より引用
  • 愛と誠実とに動かされない場合は何事も言わず何事も書くまいと誓った。 和辻哲郎『転向』より引用
  • それに、わたしはおまえたちみなを、とりでに連れて帰るとちかいを立てている。 水野良『魔法戦士リウイ 第00巻』より引用
  • なんとしてでも、祖父にたてた誓いを果たさなくてはならないのだから。 バークレー『愛のサマーヴィル1 夢見た騎士』より引用
  • そして立派にその誓いを守り通したが、しかしそれには相当骨が折れた。 サンド/宮崎嶺雄訳『魔の沼』より引用
  • そこで学問で名を上げ、彼とも同じ立場で話せる立場となることを誓う。
  • 今もなお、ぼくの前に誓って見せてくれるだろうあの愛情をどうしたんだ? プレヴォ/鈴木豊訳『マノン・レスコオ』より引用
  • どの場合、何の言葉にもこの二人は長く変わらぬ愛を誓い合うのであった。 与謝野晶子『源氏物語』より引用
  • 神に誓って、二度と見られない、そしていつまでも忘れられない光景を。 アプレイウス/呉茂一・国原吉之助訳『黄金のロバ』より引用
  • 息子はいつまでも変わらない友情を誓い、手紙をくれるようにといった。 カザノヴァ/田辺貞之助訳『カザノヴァ回想録 第一巻』より引用
  • 父を殺された妻と、殺した相手秀吉に服従を誓った夫との相剋であった。 茶屋二郎『遠く永い夢(上)-本能寺 信長謀殺の真実-』より引用
  • 一生側にいるとちかいながら、二番めにしか好きになれなかった彼女が悪い。 堀田あけみ『愛をする人』より引用
  • 城のことを絶対誰にも秘密にすることをちかうという誓約書だったのだ。 深沢美潮『フォーチュン・クエスト 第4巻 ようこそ!呪われた城へ』より引用
  • 無言の誓約が一同の手を通して、六人の胸の中に堅く誓われたのである。 ストーカー/平井呈一訳『吸血鬼ドラキュラ』より引用
  • オリヴィエは姉から期待されてるとおりの者になろうとみずから誓った。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • 次へ »