誂え向き

54 の例文 (0.00 秒)
  • なぜならこの曲は特に彼女へ誂え向きにできているものと思えるからです。 ...
  • こんな仕事が自分にあつらえ向きかどうか、他人様さまにわかってたまるもんか。 ...
  • きっとどっかに、お前さんにぴったり誂え向きの女がいるに違いないのさ。 ...
  • 詩を作り俳句を作るには誠にあつらえ向きの病気なりとて自ら喜びぬ。 ...
  • あなたのような方にとって、宗教ぐらい誂え向きな住みかはない。 ...
  • あつらえ向きのものを持って来てくれたに違いない。 ...
  • 今日は気も晴々せいせいとして、散歩にはあつらえ向きというよい天気ですなア。 ...
  • 理智という嵐が死に、我自らを裁くに、これぐらいあつらえ向きの戦場はないのである。 ...
  • ことに自己の快楽を人間の主題にして生活しようとする津田には滅多めったにないあつらきの機会であった。 ...
  • ある時ブラフマーが大ヤグナを行う場所を探していると、誂え向きのこの地を見つけた。 ...
  • これは私とあなたのに誂え向きです。 ...
  • 娘さんについて言いますと、もし画家が本物に似せて悪魔を描こうとするなら、全くあつらえ向きの顔です。 ...
  • もし親方が家にしまいこんでいなければ、わたくしたちの仕事に誂え向きでございましょう。 ...
  • 珠緒さんに至っては、まるでもう、殺されるにはあつらえ向きの特別席に寝ていたようなものですもの。 ...
  • この俊敏なる淡路流の槍をつかうべく米友の天性恰好があつらえ向きに出来ておりました。 ...
  • しかし君には誂え向きのものです。
  • 高価な品物があつらえ向きの場所に陳列されていれば、ただちにある人間に連絡されます。 ...
  • 次へ