話を切り出し

196 の用例 (0.00 秒)
  • 言いにくい話を切り出す前には、それは三郎にも覚えがあることだった。 高木彬光『検事 霧島三郎』より引用
  • 自分から話を切り出しておきながら、頭のなかのストーリーに躊躇する。 樋口有介『魔女』より引用
  • コーヒーが運ばれてきたが、本多は、なかなか話を切り出そうとしない。 西村京太郎『十津川警部「裏切り」』より引用
  • 言いにくそうに自分の話を切り出したことは、瞬間的に忘れているらしい。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • マンションの近くまで来たジュウは、そこで雨に話を切り出すことにした。 片山憲太郎『電波的な彼女03』より引用
  • コープランド医師は、どうやって話を切り出していいかわからなかった。 マッカラーズ/河野一郎訳『心は孤独な狩人』より引用
  • というより、わたしをそういう顔にさせるために話を切り出したみたいだった。 重松清『カカシの夏休み』より引用
  • だれかが話を切り出してくれるのを待っているように見える。 田中澄江『なぜ愛なのか 十三の報告から』より引用
  • 私がいつ話を切り出そうかと考え続けていたある日、目黒さんにこういわれた。 群ようこ『別人「群ようこ」のできるまで』より引用
  • 自分はしまいにとうとう思い切ってこっちから何か話を切り出そうとした。 夏目漱石『行人』より引用
  • 彼はロバート・レッドメーンの話は避け、代わりに他の話を切り出した。 フィルポッツ/赤冬子訳『赤毛のレッドメーン家』より引用
  • みちるはどうやって話を切り出すか、全く考えていなかったことに気づいた。 三上延『シャドウテイカー1 黒の彼方』より引用
  • トムはどう話を切り出したものかと考えてたので、その返事はしませんでした。 ディケンズ/北川悌二訳『ピクウィック・クラブ(上)』より引用
  • 備えのなかった話を切り出された喜八郎は、返事をせずに睨み返した。 山本一力『損料屋喜八郎始末控え』より引用
  • ただ彼女の場合は、話を切り出す機会を待ち構えているような雰囲気だった。 三雲岳斗『旧宮殿にて』より引用
  • 別れた女房のところに行く、と部下に話を切り出すのが面倒だな、と林は思った。 森博嗣『瀬在丸紅子シリーズ 第01巻 黒猫の三角』より引用
  • 実は趙がこの話を切り出した時、火つけの仕掛はすべて終っていたのである。 隆慶一郎『一夢庵風流記』より引用
  • 私もこういう話を切り出すのは、いやで仕方ないのだが、やむを得ぬ。 伊藤整『太平洋戦争日記(二)』より引用
  • それで、まずどう話を切り出していいかわからなくなっちゃった。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 相手はいきなりこんな話を切り出しても差支えないタイプなのだ。 サキ『ザ・ベスト・オブ・サキⅠ』より引用
  • 次へ »