話しかける

全て 動詞
2,916 の用例 (0.01 秒)
  • 知らない人にふいに話しかけられたことも一回や二回ではありません。 井上靖『崖(下)』より引用
  • そして彼のうちから外に出て外部から話しかけてるように思えてきた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 捕虜たちに話しかける時には、第三の言葉と思われる言葉を使っていた。 バローズ『地底世界ペルシダー』より引用
  • 彼に声をかける者もなかったし、彼が他人に話しかけることもなかった。 小野不由美『十二国記 魔性の子』より引用
  • 彼は話しかける相手に、裸になること以上のものを要求したからである。 ミラー/大久保康雄訳『南回帰線(上)』より引用
  • まあ、こうやって話しかけるのはぼくが考えだしたことじゃないんだが。 桜坂洋『All You Need Is Kill』より引用
  • 今日は人に話しかけられたりして、いつもより買い物に時間がかかった。 海月ルイ『十四番目の月』より引用
  • そしてなんだか元気のなさそうな大海さんが気になって私は話しかける。 新井輝『ROOM NO.1301 私と佳奈ちゃんと豪華なお風呂 [2006 01WINTER]』より引用
  • カウンターの中の主人に話しかける言葉にもはっきりとしたなまりがあった。 林真理子『ロストワールド』より引用
  • ただそのために以後二人連れの者には決して話しかけぬことにした。 豊島与志雄『微笑』より引用
  • ぼくが嵐ちゃんに向けて話しかけると、嵐ちゃんがいきなり泣き始めた。 沖田雅『先輩とぼく 02』より引用
  • 大尉のほうが少佐に対して無雑作な言語使いでしきりに話しかけていた。 寺田寅彦『写生紀行』より引用
  • しかし彼に話しかけて家に帰ってくると、一週間たって死んでしまう。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 俊寛は、最初彼女が、何か自分に話しかけているのではないかと思った。 菊池寛『俊寛』より引用
  • 十二時過ぎに母親は家の方へ来ると、首をかしげながら笹村に話しかけた。 徳田秋声『黴』より引用
  • はるきはめずらしくぼくたちのところにまっすぐくると話しかけてきた。 石田衣良『うつくしい子ども』より引用
  • しかも、強盗達は、自分を仲間の一人だと思って話しかけたりしている。 菊池寛『女強盗』より引用
  • おせい様も、何か話しかけていたことばを切って、そっちをふり返った。 林不忘『巷説享保図絵』より引用
  • 平介が自分からタクシーの運転手に話しかけるのは珍しいことだった。 東野圭吾『秘密』より引用
  • しかしたいていは、こちらが話しかけると気やすく応じてくれるものだ。 遠藤周作『ぐうたら好奇学』より引用
  • 次へ »