試してやろう

18 の例文 (0.00 秒)
  • とにかくそのときは、エドガーを試してやろうという気分にもなっていた。 ...
  • が、その眼が和合の力を試してやろうという挑戦の気で光っている。 ...
  • ちょっとこのの腕をためしてやろう、と雪乃が思ったのも自然な流れだったかもしれない。 ...
  • この人たち全部、とりわけ坊さん、僧侶を試してやろうと思ったのよ。 ...
  • 月の知識ちしきをいっぱいおみやげにして、それをわれわれあわれな人間にんげんためしてやろうということでね。 ...
  • 剣が強いか、魔法が強いか、試してやろうではないか! ...
  • 一度試してやろうと思ってる間に、郷里へ帰っちゃった。 ...
  • 片方に七つもあけたのは、やけっぱち、どこまであけられるか試してやろうという気持ちもあった。 ...
  • しかし、せっかくきたのだから、ひとつためしてやろうという気になり、この外人を旧藩主の毛利家へつれて行った。 ...
  • 彼の幽霊マンションでの殺人計画に、いったん疑われてみせる、という策が当初から含まれていたのか、火村の存在を知ってからそれが加わったのかは知らないが、いずれにせよその火村センセイとやらを試してやろうと考えはしたのだろう。 ...
  • よし、この言葉をもういちど試してやろう、と私は思った。 ...
  • 彼の度胸を試してやろうと揶揄からかったものである。 ...
  • 戦争中、燃料がなくて秋になっても風呂が燃せなくなったから、ままよ、いつまで水風呂に入れるか、ひとつ試してやろうと考えた。 ...
  • 松尾に「半生の記」の代筆を依頼しようと決めたとき、彼の中には松尾の力量を試してやろうといった気持ちがあったはずなのだ。 ...
  • よくあることだが、この子が少しのあいだ母親の乳を飲んだ時分、侯爵は妻がどれほど我慢強いか、ひとつ試してやろうという気になった。 ...
  • 「あなたのもっともわるいところは」フレッドは、自分の欠点をジョオも持っているかどうか試してやろうという気で言った。 ...
  • 中継装置の破壊を優先したのもそのためで、また、それによってテューリアン人がいかにおめでたいか、ちょっと試してやろうという狙いもあった。 ...