詣ろ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 六日の夜というのは、寺詣りに行って帰宅が遅れたあの時のことなのだ。 ...
  • 普通にお墓詣りをする人が、こんな雨降りの日に出かけて来る訳はない。 ...
  • 金毘羅詣りは今度は奮発ふんぱつして自分で酒を買って来て仲間で飲みはじめた。 ...
  • 私はどこか遠い遠いところへおまいりに行かなければならないのです。 ...
  • その証拠には源氏の初瀬詣はつせまうでくだりにも、虫の垂衣たれぎぬの事は見えぬさうである。 ...
  • 谷中の一乗寺にその墓があるが、今でも時々思い出しておまいりしている。 ...
  • 社詣やしろまいりの戻りの女車おんなぐるまがつづいて、いずれが筒井の車だか分らなかった。 ...
  • あたしもお嬢さんも毎年、ちゃんと石段を上ってお詣りしているんです。
  • いくら詣ってもらったところで、見えもしなければ、聞けるはずもない。 ...
  • 「お万殿の夜詣りというのは何ですか」 お雪が念を押してたずねる。 ...
  • 実朝研究家達は、この歌が二所詣にしょもうでの途次、まれたものと推定している。 ...
  • これからお山へおまいりに行くんですけれど、一緒に来て下さいません?
  • 二つになる子供が病気した時には、殊に屡々お詣りするようになった。 ...
  • これみな小会堂にして、ロシア人のかの地にあるものの詣する所なるのみ。 ...
  • 彼は遠い地方の寺院におまいりに行く貧しい巡礼の姿をよそおって出発した。 ...
  • 遺体の埋葬墓地のことを埋め墓、墓参のための墓地を詣り墓と言う。 ...
  • その前の日に六三郎は母の寺詣りに行きたいと言った。 ...