許シ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 彼女が夫を殺したい気持は鬼といえども同情の涙をもって許したであろう。 ...
  • 皆もこの子には気を許していますし、それにジムは気のつく子ですから。
  • そして着ながらもしこれが両親の許しを得た結婚であったならばと思った。 ...
  • ほかの男は私のようにともかく女の浮気を許して平然としていないからだ。 ...
  • 外の男は私のやうにともかく女の浮気を許して平然としてゐないからだ。 ...
  • 信仰はきわめて精練された社会が最も許しがたく思う感情の一つである。 ...
  • 多少の寒さでは、大切にためてきた練炭に火を付けることを許しません。 ...
  • 外国で死んだ人が、これこそ娘の婿ととうから許していた宗近君である。 ...
  • 先生は私がちよつぺいに入智慧されてるとは知らずすぐに許してくれた。 ...
  • 「これ程頼んでも許してくれないのか」と叫んでいるように感じられた。 ...
  • それは、葉子がちょうどスタジオ入りの許しを得ようとした時であった。 ...
  • もし運命が許したら、私は今日こんにちまでもやはり口をつぐんで居りましたろう。 ...
  • その話は長いけれどもここにあなたがたに話すことを許していただきたい。 ...
  • それに附けていうことは、何よりも気を許してはならんということである。 ...
  • もはや自分が許しがたい人間になってしまったと、豹一はがっかりした。 ...
  • けれどその自由さへ実は今まで時期を許して下さいませんでした。 ...
  • 彼女は自分に唇を許したことによって、それを表示したではないか。 ...