訪れる

全て 動詞
11,026 の用例 (0.01 秒)
  • 春が過ぎて夏が訪れ、秋にかかると伸びかかった枝に早くも実がなった。 富田倫生『パソコン創世記』より引用
  • 誰か訪れて来たものがあるらしく、しきりに門を叩いているようだった。 堀辰雄『かげろうの日記』より引用
  • ある日一人の若い寄宿生は、三歳の妹を連れた母親から訪れてこられた。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 私が最初に黒川村を訪れたのは、まさに二〇世紀最後のこの時期だった。 吉岡忍『奇跡を起こした村のはなし』より引用
  • 神はいつその時が訪れてもいいように、常に目を醒ましているでしょう。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 07 皆殺し編TIPS』より引用
  • これだけの席があるという事は、日中に訪れる人も多いという事だろう。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel NormalEnd 櫻の夢』より引用
  • 自動車道路が整備され、自然を求める観光客が訪れるようになったのだ。 縞田理理『霧の日にはラノンが視える3』より引用
  • それは君に今後、田代家を訪れないようにしてもらいたいということだ。 石坂洋次郎『陽のあたる坂道』より引用
  • 彼は昨日も訪れたばかりの妻のところへ、また出掛けて行きたくなった。 原民喜『秋日記』より引用
  • そして空襲のひどくなる前に、祖父もまたひとりでそこを訪れたのです。 中井英夫『とらんぷ譚』より引用
  • まるで、父の先輩が彼女のところへでも訪れて来てくれたかのように。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 一度か二度収容所を訪れた人はさらにその感を深くして安心をする。 永井隆『この子を残して』より引用
  • こんな遊びに夢中になっている中に、やがて二日目の夜が訪れてきた。 小野佐世男『幽霊』より引用
  • 本の出版から五年経った九九年三月、私は田麗玉氏のオフィスを訪れた。 菅野朋子『好きになってはいけない国。 韓国発! 日本へのまなざし』より引用
  • 礼子の弟という若い中学教師がわざわざ京都の長平を訪れたこともある。 坂口安吾『街はふるさと』より引用
  • すると彼には一昨日ここを訪れた時からの隔りがたちまち消えてしまう。 原民喜『秋日記』より引用
  • 彼が二度目にそこの病院を訪れると、医者は先日の結果を教へてくれた。 原民喜『氷花』より引用
  • 彼の部屋を訪れる際のお重の表情が、それで理解できたとお里は思った。 菊地秀行『幽剣抄』より引用
  • おれがあの児童公園の滑り台を何度か訪れたことを彼女は知っている。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • それは一日の疲れが思い出したように私たちに訪れるときまで続いた。 牧野修『だからドロシー帰っておいで』より引用
  • 次へ »