訃報

全て 名詞
1,148 の例文 (0.01 秒)
  • この話の後半部を書いていたときに、鮎川哲也先生の訃報ふほうを知りました。 ...
  • これまでに何人かの訃報記事をその死に先立って掲載したことがある。 ...
  • どんなふうに訃報を伝えたものか考えながら、声をかけつつ玄関を開けた。 ...
  • 訃報を伝えるような速度でニュース原稿を読み、抗議を表したと噂される。
  • 訃報を伝えるような速度でニュース原稿を読み、抗議を表したという。 ...
  • 訃報ふほうによって集まって来る多くの人びとを、この家は今待ち受けている。 ...
  • 訃報ふほうに接してからまだ何程も経っていず、死は実感として来ていないんだ。 ...
  • そんな調子なら心配はあるまいと思っていると、急に訃報に接して驚きました。 ...
  • 佐久間象山の訃報ふほうを耳にして文彦の脳裏を走ったのは、そのことだった。 ...
  • TOKIOを始め、関係者はその訃報に大変なショックを受けたという。 ...
  • またこれからしばらくの間訃報が続くことになるのではないか。 ...
  • ニュース・訃報とも5件、新しいものが上になるように追加してください。 ...
  • 彼の訃報を聞いた兗州の多くの人々は涙を流して、彼を偲んだという。 ...
  • アドーの訃報で自分の才能では無理だという事を悟り魔法陣を退去した。
  • 教え子の浜野は師の訃報で悲しみに暮れながらも、台湾での事業を継続。 ...
  • 父の訃報ふほうが知らされたのは、それから三ヵ月も過ぎた頃のことだった。 ...
  • 復帰を確信していた番組関係者らは、突然の訃報に悲しみにくれたといわれている。 ...
  • 次へ