言葉を繋ぐ

20 の用例 (0.00 秒)
  • グラスを置き、組んだ脚の上で両手の指をからませて、黒の王は言葉をつないだ。 川原礫『アクセル・ワールド 05 -星影の浮き橋-』より引用
  • 岡溝が何か反論しようとするのを抑えつけるように、すぐに言葉をつないだ。 内田康夫『遺骨』より引用
  • それ以上言葉を繋ぐ気にもなれず、刀崎は空を見上げた。 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』より引用
  • 私としては、池さんが私のことを本当に思い出したのかどうか、それをさぐるために言葉をつないだ。 阿刀田高『消えた男』より引用
  • 喬木は言いかけて、たんがつまったのか、咳払いをしてから、言葉を繋いだ。 内田康夫『斎王の葬列』より引用
  • それより先は話したくないし、話せないのだろうとわかった桃山は、無理に言葉を繋ぎはしなかった。 福井晴敏『川の深さは』より引用
  • まるで遠い過去を懐かしむように視線を宙に浮かせながら、菊岡が言葉を繋いだ。 九里史生『SAO Web 0402 第四章~第六章』より引用
  • 少しでも夜主の気をまぎらわせようと、捜魂環は言葉をつないだ。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録08 刃を砕く復讐者(上)』より引用
  • ハルユキはうなずき、理由のない違和感のようなものを押しのけて言葉をつないだ。 川原礫『アクセル・ワールド 07 -災禍の鎧-』より引用
  • 返答がないのを幸いに、たたみかけるように言葉を繋ぐ。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 強張りそうになった頬にもういちど笑みを浮かべ、アリスは「それで」と言葉を繋いだ。 九里史生『SAO Web 0406 第八章01』より引用
  • 迷彩は小ばかにするように言って、それから「精神だけじゃないさ」と、言葉を繋ぐ。 西尾維新『刀語 03 第三話 千刀・ツルギ』より引用
  • しどろもどろに言葉を繋ぎながらフォロンは記憶を遡っていく。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 第2話』より引用
  • 葉子の顔色をうかがいながら、男は楽しそうに言葉をつないだ。 大石圭『自由殺人』より引用
  • 戸惑とまどう俺の前でみらんはさらに言葉をつないだ。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第09巻』より引用
  • 一瞬、何がいいのか判らなかったが、彼女は、「私のアドレス短いから」と言葉を繋いだ。 吉田修一『春、バーニーズで』より引用
  • ジャストロゥ教授が心配そうに言葉をつないだ。 大石英司『B-1爆撃機を追え』より引用
  • ジャービスは胸の内で、期待を込めてそう言葉をつないだ。 大石英司『B-1爆撃機を追え』より引用
  • ただね、とそいつは言葉をつないだ。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 01 幸せの背景は不幸』より引用
  • 詩織は少し間を取って、言葉をつないだ。 内田康夫『浅見光彦殺人事件』より引用