言いながら吟子

6 の用例 (0.00 秒)
  • 言いながら吟子は自分のことを言っているのに気付いて、口をつぐんだ。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • そう言いながら吟子もすえが払いに現れるとは思わなかった。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • そう言いながら吟子は、すえの局所が布団の上で胡坐あぐらをかいていた男とつながっていることを思った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 言いながら吟子は熱で赤くうるんだ顔をもたげた。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 言いながら吟子は、すえの中にふてぶてしく、揺るぎようもないもう一つの顔が潜んでいるのを知った。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 文句を言いながら吟子はきな臭い粉末を一気にみ干すと、荻江の差し出す水を横になったまま受け取る。 渡辺淳一『花埋み』より引用