解ける決定問題の集合

12 の用例 (0.00 秒)
  • ここで、P は多項式時間内で解ける決定問題の集合である。
  • 複雑性クラス P は、チューリング機械で多項式時間で解ける決定問題の集合である。
  • 複雑性クラス NP は、非決定性チューリング機械で多項式時間で解ける決定問題の集合である。
  • 計算複雑性理論において、複雑性クラス E とは、決定性チューリング機械で 2 Oの時間で解ける決定問題の集合である。
  • 計算複雑性理論において、複雑性クラス R とは、チューリングマシンで解ける決定問題の集合であり、全ての帰納言語の集合に相当する。
  • 計算複雑性理論において、複雑性クラス LOGCFL とは、文脈自由言語に還元可能な対数領域で解ける決定問題の集合である。
  • 計算複雑性理論において、複雑性クラス ESPACE とは、決定性チューリング機械で 2 Oの領域で解ける決定問題の集合である。
  • 計算複雑性理論において、複雑性クラス UPとは、入力に対して高々1つの受容経路を持つ非決定性チューリング機械で多項式時間で解ける決定問題の集合である。
  • NC の別の定義として、対数多項式の深さと多項式個の論理ゲートからなる一様ブール回路で解ける決定問題の集合という定義もある。
  • 同様に、NC i は、交替性チューリングマシンで Oの領域とO回の交替で解ける決定問題の集合と同じである。
  • NC i は、多項式個の論理ゲートからなる一様ブール回路で解ける決定問題の集合である。
  • 計算複雑性理論において、複雑性クラス PP とは、確率的チューリング機械で多項式時間で解ける決定問題の集合であり、その際に間違う確率は常に 1/2 未満である。