観る眼

15 の例文 (0.00 秒)
  • 十年先を観る眼があるならば、そのような異議は出てこないであろうに。 ...
  • そして以前と違って、親を観る眼も、家庭を見る眼も、急に育って来たように思われる。 ...
  • 秀吉を観る眼には、そういう感情をそそられる危険はなかった。 ...
  • それはやがて、私のこれからの仕事にも影響し、また、世の中を観る眼をもかへさせるだらうと思ふほどである。 ...
  • 大迫さんの娘さんとしての環境は現代の日本の中流以上の部に属するらしい雰囲気であるが、自分の枠のそとへ一寸出て、そこの生活を観る眼というものはたいへん素朴にしか成長させられていない。 ...
  • かくの如くに物を観るまなこは、今もなお教育家等の間に、前代の遺物として伝えられている。 ...
  • また、高級な芝居が、常にせりふのみを生命とするものであるとは云ひませんが、舞台の動きも、台詞の意味も、共に、それを観る眼、聴く耳の単純な効果だけに頼つてゐるものであつてはならないのです。 ...
  • 故に、作家は作家であれば足りるのであって特別な現実を観る眼、世界観等というものは不用である、作品は作品である限り進歩的な役割を自ら果すものであるという風な論がリアリズムについてなされた。 ...
  • ただ、彼といへども、理窟が理窟どほりに行くかどうかを危ぶむくらゐの、現実を観る眼をもつてゐたのである。 ...
  • 国民の後継者たる児童たちに、今、何を与ふべきかといふ問題は、なによりも、今日までの児童観、誤つた自由主義的な「子供を観る眼」から是正して行かなければならないのでありまして、それには確乎とした国家の方針が定められてほしいのであります。 ...
  • これが、ミュッセになると、時代も近く、民族もおなじラテン系といふわけあひからか、カザノヴァを観る眼は、不思議なほど、表面的な興味にとゞまつてゐる。 ...
  • この時期は、青年にとつて最も危険な時期とも云へるのですが、それと云ふのも、この間に、「異性を観る眼」が養はれ、将来、どんな形にせよ、異性との交渉をもつ場合の、大切な「嗜み」が身につくか、つかぬかの境目だからです。 ...
  • 是々非々、はいろいろであった。 ...
  • 「ヌードショウ」の舞台を観る眼は、鑑賞する眼であり、その視線はやわらかく踊り子の裸を撫でて栄養をあたえている。 ...