観る可

5 の例文 (0.00 秒)
  • 詩はけだし其の心を用いるところにあらずと雖も、亦おのずからる可し。 ...
  • 杜夫子、王積薪の輩、技一時に秀づと雖も、今にして其の観る可き無きを憾む。 ...
  • 敬の著すところ、卓氏たくし遺書五十巻、予いまだ目をぐうせずといえども、管仲魏徴かんちゅうぎちょうの事を以てふうせられしの人、其の書必ずきあらん。 ...
  • そして外函は開くのですが、内函には厳重な封緘がほどこされ、上面に「この絵決して観る可からず、虫喰い候とも虫干に不及およばず、一寸たりとも見候者は直ちにまなこ腐れ候事」と書いてあるのです。 ...
  • 是れ其のる可き無き所以ゆえんなり。 ...