親炙

全て 名詞
45 の例文 (0.00 秒)
  • それよりも私は両氏が各その親炙したヨーロッパ文学の影響が、その表現に就いても働かざるを得なかつた結果だと思つて、その点に深い興味を感じてゐる。 ...
  • 出來るならば先生に親炙して教を請ひたいと思つてゐた。 ...
  • 吉田健一に深く親炙し、その著作の文庫解説・全集校訂などを担っている。 ...
  • 吾人は道庵先生に親炙しんしゃすること多年、まだ先生に糟糠そうこうの妻あることを知らない。 ...
  • それは讀者諸氏が余りに身邊に親炙してゐられるからである。 ...
  • しかし堀辰雄があれほど芥川龍之介の文学に親炙し、最も近しい弟子として出発しながら、見事に芥川の影響を感じさせない文章を書いたといふその点に、私たちは敬服したと言ふことが出来る。 ...
  • しかし、そこには偉大な文化、東洋固有の価値ある思想があるのであるから、現代化、民衆化して自由に親炙できるようにしたい。 ...
  • 他にも尊いラマは沢山あるように承りましたけれども、とにかく私の親炙しんしゃして教えを受け殊に敬服したのはこの方であった。 ...
  • 小説のことでは伸子も間接に影響をうけている須田猶吉に親炙しんしゃして、婦人の作家に珍しく装ったところのない作風を認められていた。 ...
  • もっともよく蕪村に親炙しんしゃした点においては几董に似ていますが、俳句の技倆からいったら几董以上といってもいいかと思います。 ...
  • これは一つは、与八が道庵先生に親炙しんしゃしている機会に、見よう見まねに習得した賜物たまものと見なければなりません。 ...
  • そこで、臨床的な話をするならば、先人の作品に、更めて親炙すること唯一つである。 ...
  • 彼が親炙したのは、どちらかというと非正統的な哲学者であるウィルフリド・セラーズ、特にネルソン・グッドマンであった。 ...
  • 他にも尊いラーマは沢山あるようにうけたまわりましたけれども、とにかく私の親炙しんしゃして教えを受け、殊に敬服したのはこの方であった。 ...
  • 後ではまた慚愧ざんきするのだとも思はないでもないのだが、これが私の人に親炙しんしやしたい気持の満たし方であり又、かくすることによつて私は人になつき、人を多少とも解するのである。 ...
  • そのためにこの文明の利器に親炙しんしゃする好機会をみすみす取り逃がしつつ、そんなこだわりなしにおもしろそうに聞いている田舎いなかの人たちをうらやまなければならなかった。 ...
  • 私が「埋字」のことなどを申し上げたのもこの古人の句に親炙しんしゃする、もっとも卑近な方法の一つを申し上げた次第なのであります。 ...
  • 次へ