覚ます前

12 の用例 (0.00 秒)
  • 裕太は、それが目を覚ます前に聞こえたメロディーだと気がついた。 藤ダリオ『出口なし』より引用
  • 目を覚ます前の記憶を一切を失っていたマーカスは荒れ果てた光景に驚きを隠せない。
  • 彼女が目を覚ます前に、河見がやって来ることを蒼子は祈った。 山本文緒『ブルーもしくはブルー』より引用
  • というのは彼はまだパリ中雪の上を人びとが彼を追跡して、翌朝彼が目を覚ます前に彼を捕えるだろうという考えにとりかれていたのである。 スティーヴンスン/日高八郎訳『ジーキル博士とハイド氏』より引用
  • 父が目を覚ます前には、せめて元気になっていよう。 オースティン/ハーディング祥子訳『エマ(上)』より引用
  • 軽度の盗汗は深く眠るときや朝五時の頃、あるいは目を覚ます前の1〜2時間に汗をかく。
  • 生体信号を探る限り死者はないようだが、彼らが国を覚ます前にここが陥落すればもう立て直しは図れない。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第12巻』より引用
  • この日はジュリアンが目を覚ます前から、この白髪の老木挽大工こびきだいくが彼の土牢にあらわれた。 スタンダール/大久保和郎訳『赤と黒(下)』より引用
  • 彼女は王子が目を覚ます前から早々にやってきて、顔を洗う水とタオルをうやうやしくさしだした。 橘香いくの『ブランデージの魔法の城1 魔王子さまの嫁取りの話』より引用
  • 彼女は、サーレが目を覚ます前に失踪しっそうしていた。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第15巻』より引用
  • 朝日の昇る前から起き、家族が目を覚ます前に散歩をするためか、夕方には既に眠くなり、20時か21時には床に入るという。
  • ただしこの『うつつまくら』は、現実を改変することができるという道具の性質上、作中のラストでのび太が目を覚ます前には作品世界に実在していたとも読み取ることが可能であり、いまいち実在したのかどうかはっきりしない道具である。