規模な埋め立て

11 の用例 (0.00 秒)
  • 昭和初期から大規模な埋め立てが進められたことにより、工業港としての港の地位は大きく飛躍した。
  • 大規模な埋め立て地として計画されたものの一つはマカオ半島の新口岸地区で、もう一つはコタイであった。
  • 最初は南側のみで北側と西側は海だったが、1970年代後半と1980年代の大規模な埋め立てで海だったところはすぐに埋め立てられ、北側のほうもこのときに埋め立てられた。
  • 特に昭和前期に臨海部での大規模な埋め立てが行われ、製鉄所や化学工場、機械・電機工業などの建設が進んだ。
  • しかし、復帰後に行われた市の大規模な埋め立て事業で、これまで当区内にあった市役所・消防署・警察署・電報電話局の公共施設やパンや蒲鉾の食品工場が次々とこれらの埋立地に移転していき、市の中心部として次第に衰退していった。
  • 戦後、宮内三朗市長の元で大規模な埋め立てと市町村合併が行われ、京葉工業地域の中心都市として再建された。
  • 特に京葉工業地域における大規模な埋め立て計画に対して柴田が「過度な開発は県外の企業の利益に繋がるだけで、千葉県民である漁民達の生活が脅かされる」として修正を求めた事が彼ら実力者の反感を買った。
  • 最後の大規模な埋め立ては大野町の一部と南大野の全域が武蔵野線の1978年10月の新松戸 - 西船橋間の延伸を機に埋め終え街としての形成が始まった。
  • 北東部の海岸は北九州港の響灘地区であり、大規模な埋め立て地の一角に国内有数の大水深岸壁を備えた「ひびきコンテナターミナル」が整備されている。
  • 他にも、、屯門とを繋ぐ香港内河碼頭、香港ディズニーランドといった開発に伴う大規模な埋め立てが実施あるいは予定されており、シナウスイロイルカの生息域に壊滅的な打撃を与える恐れがある。
  • 昭和40年〜47年には佐田浜から中之郷にかけて大規模な埋め立てが行われ、昭和39年には伊勢湾フェリーが就航し愛知県の伊良湖岬と結ばれ、昭和48年7月1日には南米航路を引退したぶらじる丸が鳥羽港に係留されることになった。

規模な埋め立て の使われ方