見開き

全て 動詞 名詞
1,533 の用例 (0.00 秒)
  • それを取り上げた彼女は見開きをあけ、そこに書いてある文字を読んだ。 ハーバート『デューン・砂の惑星2』より引用
  • 男は驚いたように目を見開き、そんなことをしてはいけないとつぶやく。 林真理子『不機嫌な果実』より引用
  • その中央見開きページはマリオ・カッシーリの撮影によるものであった。
  • 両目を見開き、声のない悲鳴をあげているかのように口を半開きにして。 宮部みゆき『模倣犯 上』より引用
  • ひとみを完全な真円の形に見開きながら、夕明は茶碗と場飲みを受け取った。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編03 名誉を越えた闘い』より引用
  • いずれの顔も目を大きく見開き、ほとんど呼吸を止めているように見えた。 平井和正『狼の紋章』より引用
  • もともと眼の大きい男でしたが、この時はそれを一層大きく見開きました。 シムノン/水谷準訳『サン・フォリアン寺院の首吊り人』より引用
  • こうしていまあなたは、見開き二ページの大河小説を読み終えたわけだ。 東海林さだお『トンカツの丸かじり』より引用
  • 本作は見開きカヴァーを利用した最初のビートルズのアルバムになった。
  • そして無言のまま瞳を見開き、しばらく私の顔をじっと見つめていた。 柴田曜子『尾崎豊 夢のかたち』より引用
  • 女は目を見開き、上を向いて、一つ、二つ、と子供のように声をあげた。 海月ルイ『子盗(と)り』より引用
  • 本を拾い上げると、目を大きく見開き、口をあけたままじっと見ていた。 フローベール/白井浩司訳『ボヴァリー夫人』より引用
  • 私は肘をついて身を起こし、目を見開きましたが暗くてなにも見えません。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(2)』より引用
  • 写真集の校正は、最初の段階では見開きを一枚の紙に印刷することが多い。 吉村達也『観音信仰殺人事件』より引用
  • 香代子は眼を大きく見開き、手を頬に当ててびっくりしたように私を見た。 福永武彦『忘却の河』より引用
  • 例外だったのがある写真週刊誌で、これは見開き二ページという大きさだ。 林真理子『ロストワールド』より引用
  • また、本作の見開きジャケットの内側にはの解説及び図が記載された。
  • 今度は感心したように目を見開き、両手を広げてみせたバルロである。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第01巻 「放浪の戦士」』より引用
  • ヤロールは壁にもたれながら大きく眼を見開き、肩で息をついていた。 ムーア『大宇宙の魔女―ノースウェスト・スミス』より引用
  • フォルダーを開いた見開きに使う絵は、クリスマスの日の家庭の居間だ。 片岡義男『物のかたちのバラッド』より引用
  • 次へ »