見聞を広め

45 の用例 (0.00 秒)
  • 物語の語り手である見習修道士メルクのアドソは、見聞を広めてほしいという父親メルク男爵の意向によってこのウィリアムと共に旅をしている。
  • ミズーリ州に生まれ、ミシシッピー川の蒸気船の発着地ハンニバルで育ったトウェインは、貧困の少年時代、青年時代を渡りの印刷工、水先案内人として過ごし、南軍の義勇兵として南北戦争に加わり、そのあとネヴァダの金鉱地に向かったり、ヴァージニア・シティやサンフランシスコで新聞記者となって見聞を広めた。 小鷹信光『アメリカン・ヒーロー伝説』より引用
  • その後、スペイン南部のカディス、セビリア、パロスなどで、新大陸から帰還した者の当地での発見、征服、金、原住民などの話を聞くなどして、見聞を広めた。
  • 裕仁親王に各国の王室との交友を深めてもらい、見聞を広めてもらうという元老山県有朋が提案したこの計画に、元老松方正義や西園寺公望、原敬首相も賛意を示した。
  • 東洋からの信徒として教皇グレゴリウス13世と謁見し、フェリペ2世ら世俗当主からの歓迎を受けながら見聞を広めた。