見聞を広める

34 の用例 (0.00 秒)
  • 私たちが旅をして見聞を広めるのは、神の視点に立とうとする行為かもしれない。 坂東眞砂子『旅涯ての地(上)』より引用
  • 組織に属するという経験は、人間としてのはばを、そして見聞を広めることにもなる。 片山憲太郎『紅 第02巻 ~ギロチン~』より引用
  • 旅行は保養のためと云うよりは、むしろ見聞を広めようと思って企てたのである。 森鴎外訳『諸国物語(下)』より引用
  • 若い頃は霍峻の子の霍弋と共に、見聞を広めるため旅をしたという。
  • 彼等こそ、もっと見聞を広めるべきだと思っているのだが。 山口瞳『還暦老人ボケ日記』より引用
  • ウィトゲンシュタインの教育方針は紙の上の知識よりも子供たちが自分で好奇心をもって見聞を広めることを重視したものであった。
  • 若い頃から世界各国を旅して回り見聞を広める。
  • 旅の目的は、「臨床医としての見聞を広めるため」と記し、各地で治療もした。
  • 大学にいる間に、構内をうごめくさまざまな人間たちと交わって見聞を広めることは重要だ。 森見登美彦『四畳半神話大系』より引用
  • 見聞を広めるため、まず南アフリカ共和国で、次にイギリス本国で教育を受けた。
  • 彼の兄弟はザンギー朝に出仕したが、彼は在野の学者としての生活を望み、バグダードやダマスクスなど各地を旅して知識と見聞を広めることとなった。
  • それというのは、家に帰って以来、彼は昔の仲間の、界隈の少年たちとの交際を気をつけて慎しみ、今は年をとった人々の話を聞いて、見聞を広めるように努めました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 07』より引用
  • 見聞を広めるために求める全てのもの。
  • サーフィンだけでなく世界の海岸の様々な環境や、世界のビーチ&リゾートの見聞を広める。
  • アフター5は自分の見聞を広めるため、ホンダ以外の人間と付き合ったほうが良いというわけだ。 佐藤正明『ホンダ神話 教祖のなき後で(下)』より引用
  • しかしこのまま田舎町で過ごす事に嫌気が差してか、教師を退職して見聞を広めるべくスイスに移住した。
  • 諸葛亮にその才能を認められ、若い頃は諸葛亮の養子であった諸葛喬と共に、見聞を広めるため旅をした。
  • 見聞を広めようとしている罪のない人間を、追い出そうとするアメリカの官憲とは、断固戦うぞと私はこぶしを握りしめた。 群ようこ『アメリカ居すわり一人旅』より引用
  • フィールドワークは、学問的に客観的な成果を求める活動であるため、自身の見聞を広めるだけのいわゆる旅行や、学問的な手法に拠らずに未開・未踏の土地の実態を明らかにするだけの冒険とは一線を画する。
  • 芸術家のパトロンはたんなる絵画制作依頼者ではなく、芸術家自身を宮廷に迎え入れ、新しく見聞を広めるための旅行資金をも出資してくれる王侯貴族となっていった。
  • 次へ »