見聞を広め

45 の用例 (0.00 秒)
  • 兵役後も海外旅行などで見聞を広めてから大学に進学するものも多い。
  • 父は教育上の方針から、息子らと共に幾度となくヨーロッパへ旅行をして見聞を広めさせている。
  • 以後は世界各地を旅しており、見聞を広めながら自分にできることを探したいという趣旨の発言をしている。
  • ぼくは父や兄ともいろいろ話したし、その意見いけんちがいもあって、見聞けんぶんを広めたくて、留学りゅうがくしてきたということもある。 桜庭一樹『GOSICK 第5巻』より引用
  • 上海で、見聞を広めてきた晋作には、最初から、結果のわかっていた戦いだったといってもよい。 西村京太郎『天下を狙う』より引用
  • 日本全国を旅して見聞を広めている。 阿刀田高『空想列車(下)』より引用
  • 卒業後は世界中を旅し見聞を広めた。
  • サンフランシスコにいる間に少しでもアメリカを見て、わからないことは万次郎にいて、見聞を広めねばならないと高次は心に決めた。 二宮隆雄『海援隊烈風録』より引用
  • しかし、その後あるていど見聞を広め、また自らも多少の体験を積むに及んで、現在では右の話の信憑しんぴよう性を八割方、信じざるを得ない。 近藤紘一『サイゴンから来た妻と娘』より引用
  • この代表は後年に関係者が「戦後第一期サッカー士官学校生」と言い表したように、単に試合をするだけではなく、将来の日本サッカー界を担う人材にヨーロッパで見聞を広めさせることも目的としていた。
  • その後、若くして江戸に上って見聞を広め、開国論者となった。
  • 第二の幽霊と共に世界中を飛び回って見聞を広めたスクルージは、疲れ切って眠る。
  • 学校行事の中で「旅行・集団宿泊的行事」に定められ、見聞を広め、集団行動と公共性を身につけるために行われる。
  • そのこともあり、陸海空の自衛隊の中で、海上自衛隊のみ初任幹部を海外に出して見聞を広めさせている。
  • 失明という障害を負いながらも、暗殺された象山の遺児の世話を勝から頼まれて引き受けたほか、西周を紹介され、西洋事情の見聞を広めたのもこの頃である。
  • 幼少期に奴隷として買い取られた後、学問を修めて見聞を広め、奴隷の身分から解放された後に辞典を著した。
  • その後、ヨーロッパを旅して見聞を広めた。
  • ロンドンでは英語を学ぶと共に博物館・美術館に通い、海軍施設、工場などを見学して見聞を広めた。
  • 目を見張るほどヨーロッパ政治外交に精通していたクレマンティーヌは、しばしばフェルディナントをヨーロッパ旅行に出して見聞を広めさせた。
  • その点、はやくからヨーロッパの各地に旅行して見聞を広めていたモーツァルトなどとは、ひじょうに対照的ですね。 柴田南雄『クラシック名曲案内ベスト151』より引用
  • 次へ »