見直し

全て 名詞 動詞
5,075 の用例 (0.01 秒)
  • 出てからも一度看板を見直して見たが看板には足の裏は描いていなかった。 小出楢重『楢重雑筆』より引用
  • わたしもずいぶん自分の眼を疑って、何度も何度も見直したのですから。 横溝正史『金田一耕助ファイル01 八つ墓村』より引用
  • 思想的、史観的な面からの見直しについては新聞でも紹介した例がある。
  • 武日は山賊となった大裂を最初は低く見ていたが、今では見直していた。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 4 東征の巻(上)』より引用
  • 作戦はそのまま行うにしても、編制の見直しはしないといけないだろう。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス07 ホワイト・オペラ』より引用
  • 少し見直したというように龍村は眉を上げ、そして遺体の右側に立った。 椹野道流『鬼籍通覧4 隻手の声』より引用
  • 自信に満ちたリウイの態度を見て、少し見直してくれたのかもしれない。 水野良『魔法戦士リウイ 第01巻』より引用
  • いくらなんでも、これで少しは見直してくれるはずだろうな、と思って。 久美沙織『SPEAK EASYの魚たち』より引用
  • 近年、これまでの行きすぎた駆逐に対する見直しや再評価の動きもある。
  • その時妻はあり得ぬことが起ったようにまじまじと私を見直しました。 石原慎太郎『生還』より引用
  • 最初見たときよりも、見直してみるとさらにいっそう見事なものに思えた。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(2)』より引用
  • 彼女はほんの数秒だけ沈黙ちんもくし、それから改めてオルソラの顔を見直した。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第18巻』より引用
  • 想像つかなかったことをいわれたような気がし、治夫は英子を見直した。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • 尾島産業で使っている、手紙や文書のたぐいの書式を見直しているのである。 赤川次郎『女社長に乾杯!』より引用
  • トムはこれまでになく自分をなかなかたいしたものだと見直しはじめた。 トウェイン/鈴木幸夫訳『トム・ソーヤーの冒険』より引用
  • そして何を感じたものか、次には、その人の足もとから髪まで見直した。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • 縫子が、びっくりした表情でその顔を見直したほど沈痛な口調で呟いた。 宮本百合子『播州平野』より引用
  • 答えるものはいなかつたが、彼女は、その声の主をあらためて見直した。 岸田国士『火の扉』より引用
  • それを身をもって知ったソニーは、経営戦略の見直しを余儀なくされる。 中川靖造『創造の人生 井深大』より引用
  • 真奈美は今までとは違い、ちょっと見直した目で監督の横顔を見つめた。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第03巻』より引用
  • 次へ »