見渡せる

全て 動詞
1,083 の用例 (0.01 秒)
  • 一方、右手の木は塀に沿って植えられているだけで、あとは広く見渡せた。 佐竹彬『カクレヒメ 第01巻』より引用
  • その屋上にある展望所は国のどの建物より高く、三百六十度を見渡せます。 時雨沢恵一『キノの旅 第08巻』より引用
  • というより、メグレたちの張込み場所から見渡せる部分から姿を消した。 シムノン/長島良三訳『メグレ夫人の恋人』より引用
  • ここの屋上からならば、付近ふきん一帯と表通りが一望いちぼうもと見渡みわたせるはずだ。 賀東招二『フルメタル・パニック!05 終わるデイ・バイ・デイ(下)』より引用
  • そこは断崖絶壁になっており、眺望が開けて海と島々の様子が見渡せる。
  • 樒の枝の間にできた隙間すきまから斜面の下にある平屋の家がすっかり見渡せる。 坂東眞砂子『葛橋』より引用
  • だがベッドのなかは気持ちが良かったし、窓ごしには湾が見渡せた。 コニイ『ハローサマー、グッドバイ』より引用
  • 改めて周囲を見渡せば、目に入るのは春の盛りが近い学校の風景だ。 川上稔『AHEADシリーズ 01 終わりのクロニクル①〈上〉』より引用
  • 私がより遠くまで見渡せたとすれば、それは巨人の肩の上に乗ることによってです。
  • 見渡せど、本選出場者にも周囲の観客からもそれらしい人影は認められない。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 屋敷やしきの前の道からでもサン・フレールの〈領土りょうど〉はかなりよく見渡せる。 エクトール・マロ『家なき娘〔下〕』より引用
  • そちらの部屋は寝室で、リビングの中央から、その部屋の中が見渡せる。 森博嗣『G 01 φは壊れたね』より引用
  • 村で最も高い位置にある砂子の家からは、この集落のほぼ全景が見渡せる。 岩井志麻子『夜啼きの森』より引用
  • あたりを見渡せば、大量に普及している商品に手作りのものはほとんどない。 富田倫生『青空のリスタート』より引用
  • 街道を歩いていたのではみえないものが、馬上の高さからは見渡せるのであった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 19 かくれんぼ』より引用
  • ひと目で見渡せねえほど広い店じゃあねえ、客の姿は一人もねえや。 麻生芳伸編『落語百選 秋』より引用
  • 若林は右手の八王子寄りのゆるやかなカーヴの奥を見渡せる位置にいた。 大藪春彦『唇に微笑心に拳銃 前・後編』より引用
  • 眉子と父とは、丘のはずれの、町が一目に見渡せるところに腰をおろした。 横溝正史『迷宮の扉 v0.9』より引用
  • 支度を整えた六人は、ひな壇式の客席が見渡せる舞台へ連れて行かれた。 難波利三『てんのじ村』より引用
  • だから私は十六の歳に、自分の人生をおしまいまで見渡せてしまったような気がした。 山本文緒『紙婚式』より引用
  • 次へ »