見渡せる場所

33 の用例 (0.00 秒)
  • 美奈は駆け足になって、公園の中を少し上から見渡せる場所へと急いだ。 赤川次郎『黒い壁』より引用
  • 牧草地を一面に見渡せる場所で、それを開き、写真や記録や記事を読んでゆく。 辻邦生『北の岬』より引用
  • 佐世保港が見渡せる場所であり、佐世保市により都市公園として管理されている。
  • ユーシス殿は、全体を見渡せる場所におられたほうがいいと。 荻原規子『西の善き魔女1 セラフィールドの少女』より引用
  • その平城宮跡を最も見渡せる場所、つまり平城宮跡の隣におれの職場は立っている。 万城目学『鹿男あをによし』より引用
  • 国分寺崖線沿いにあり、崖線の上からは多摩川や富士山まで見渡せる場所がある。
  • 学校全体を見渡せる場所を、ほかに思いつかなかったのだ。 三雲岳斗『レベリオン 第03巻』より引用
  • 駅のホームから一目で見渡せる場所なのである。 赤川次郎『幽霊列車』より引用
  • みだれる花壇かだん見渡みわたせる場所にある、三だんほどの階段にすわり、二人の子供こどもが顔をせて話していた。 桜庭一樹『GOSICK 第1巻』より引用
  • 利用可能エリアは日本の領土・領海・経済水域のうち、正午ごろに太陽を見渡せる場所を全てカバーする。
  • 射界を広く取ることで、全体の状況を監視する役目を負うこともあるため通常高台や周囲を見渡せる場所などへ配置される。
  • 運ぶ先の席は改装した弓道場のもっとも奥まったところにあり、店全体を見渡せる場所にある。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • これは生前に墓所は江戸を見渡せる場所がよいと望んだためで、江戸湾を見下ろす山腹に妻の墓碑と並んで置かれていた。
  • 私たちの小屋は、入江と、さらにその対岸にある木の生えた高い絶壁を見渡せる場所に建っていた。 ニコル『C・W・ニコルの旅行記』より引用
  • 柚香は創常楯のそばから離れ、それでも二人の戦いが見渡せる場所まで、急いで下がった。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編01 くちづけよりも熱い拳』より引用
  • ユリシスは、焚き火のそば、海が見渡せる場所までリディアを引きずってくると言った。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第04巻 恋人は幽霊』より引用
  • その日も、城門を見渡せる場所から、攻城の指揮をとってきたばかりだというのに、疲れたようすもなく、衣服にも乱れはない。 井上祐美子『五王戦国志7 暁闇篇』より引用
  • 建物の周囲には篝火を焚き、できるだけ密集して四方を見渡せる場所集まっている。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 担当地区のステージ周辺を見渡せる場所にある廃校舎を見つけ、そこに陣取り携帯で刹那と明日菜に連絡を取り、無線機で他の魔法関係者に状況を知らせる態勢を取った。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 遺骨の一部は、京急の他に愛好していたスイスの鉄道沿線のアルプスの山々が見渡せる場所に散骨された。
  • 次へ »