見渡せる

全て 動詞
1,083 の用例 (0.01 秒)
  • あの不確かな国の混乱した風景を見渡せるような真実の丘はありません。 ビアス『ビアス怪異譚(1)』より引用
  • 一歩下がって全体を見渡せば、不思議に人々の様子が見えてくるものだ。 今野緒雪『マリア様がみてる 01』より引用
  • 数百メートルはなれたそのビルからは、陣代じんだい高校のあちこちがよく見渡みわたせた。 賀東招二『フルメタル・パニック!05 終わるデイ・バイ・デイ(下)』より引用
  • 美奈は駆け足になって、公園の中を少し上から見渡せる場所へと急いだ。 赤川次郎『黒い壁』より引用
  • 部屋の窓から見渡せる西荻窪にしおぎくぼの街は水を打ったように静まり返っていた。 大崎善生『パイロットフィッシュ』より引用
  • 放火された山全体が見渡せる、あの西村山郡の赤電話からだったんです。 松岡圭祐『千里眼の水晶体』より引用
  • 石の橋は庭の中でもひときわ高くなっていて、たしかに庭全体が見渡せた。 早見裕司『メイド刑事02』より引用
  • そこにも、こちらの塔を見渡せるように、窓がいくつか開いておるんじゃ。 カー/宇野利泰訳『帽子蒐集狂事件』より引用
  • 遠くを見渡みわたせば、大きな温室が太陽の光を反射はんしやしてかがやいているのが見える。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス05 エモーショナル・ハウル』より引用
  • 連絡艇からは地上の美しい風景が三百六十度にわたって見渡せた。 ロッデンベリイ『スター・トレック2/カーンの逆襲』より引用
  • そこからだとホールの中央がほとんどひとめで見渡せるのである。 横溝正史『金田一耕助ファイル17 仮面舞踏会』より引用
  • 舟上から富士山が良く見渡せたのでこの名がついたと言われている。
  • ここまで来て初めて、この異様な形状の構造物の全体像を見渡せた。 森博嗣『捩れ屋敷の利鈍』より引用
  • 見渡せば確かに、大勢の人はその浜辺に存在しており、賑やかさもある。 白瀬修『おと×まほ 第01巻』より引用
  • どの部屋も見渡せたが、これといって手助けになりそうなものはない。 小野不由美『悪夢の棲む家 (下) 挿絵あり』より引用
  • ドアは開けっ放しになっているが、廊下からでは室内の全部は見渡せない。 横溝正史『金田一耕助ファイル20 病院坂の首縊りの家 下』より引用
  • 遠い先まで見渡せば、必ずどの事業も生きて行けるという見通しである。 城山三郎『鼠 ─鈴木商店焼打ち事件─』より引用
  • 改札口からは列車もホームも全部見渡せますので、それは確かです。 赤川次郎『幽霊列車』より引用
  • 朝霧のせいで、平原全体は見渡せないが、どこも同じようなものだろう。 白井信隆『飛剣術士 アグリー 非恋 (電撃hp09)』より引用
  • そこからも、日の光の中で金色のまだらになっている海が見渡せた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 07 ハリー・ポッターと死の秘宝 (暫定訳)』より引用
  • 次へ »