見届ける

全て 動詞
787 の用例 (0.01 秒)
  • 私は人ごとながら、やはりこの眼でそれを見届けたい気がしたのである。 田久保英夫『深い河』より引用
  • 彼が消え去るのを見届けたとき自分が息を止めていたことに気がついた。 宮部みゆき『龍は眠る』より引用
  • 見届ける勇気も覚悟かくごもないまま、人影ひとかげのなくなった窓だけをながめていた。 喬林知『今日からマ王 第04巻 「明日はマのつく風が吹く!」』より引用
  • その内の一人が、危険をおかして彼の様子を最後まで見届けていたのです。 水野良『ロードス島戦記 2 炎の魔神』より引用
  • 彼女達は今私の臨終を見届けるために、ここに現われたように思われた。 大岡昇平『野火』より引用
  • それが効果なしと見届けてから、少年は巨人の肩を狙って引金を引いた。 菊地秀行『グッバイ万智子』より引用
  • 水に流れてしまうのを見届けて、それで安心してまた会社へ引き返した。 北野勇作『ハグルマ』より引用
  • こので、あの二人が幸せになるのをちゃんと見届けるべきだったんだ! 喬林知『今日からマ王 第15巻 「宝はマのつく土の中!」』より引用
  • 私はこの目であなたと万波が、ホテルに入るところを見届けていたのです。 森村誠一『凶通項』より引用
  • 特にすることもないが、見届みとどけ人としてきょう一日をごす予定だった。 賀東招二『フルメタル・パニック!短編集06 あてにならない六法全書?』より引用
  • 調査を見届けるよう命じられると覚悟していた身には、意外な言葉だった。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 05 ラプラスの亡霊』より引用
  • アルクェイドが学校の敷地から出ていったのを見届けてから中庭に戻る。 奈須きのこ『月姫 アルクェイド・ブリュンスタッド』より引用
  • 遠ざかっていく選手たちを見届けると、青ちゃんがわたしの手を引いた。 山崎マキコ『ためらいもイエス』より引用
  • そしてあの女の目の底にあるものを見届ける男などいるのだろうか。 海月ルイ『子盗(と)り』より引用
  • おれは、小さな姿が霧の奥に消えていくのを見届けてからつぶやいた。 菊地秀行『トレジャー・ハンター11 エイリアン魔神国 中』より引用
  • だが、まだやつの最後を見届けたわけではないというような気がする。 R・E・ハワード『風雲児コナン』より引用
  • カウントにあわせて全員が無事に退却するのを見届みとどけなければいけない。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス01』より引用
  • そして、少くとも、三人がきているのを見届けてから殺人演出をやった。 小林信彦『神野推理氏の華麗な冒険』より引用
  • そうと見届けるや否や、ぼくは足を速めて駈けあがって行ったのである。 眉村卓『不定期エスパー7』より引用
  • 出発の時には僕が見届けてやる、そしてその時二万フランは恵んでやる。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 次へ »