見回す

全て 動詞
1,918 の用例 (0.00 秒)
  • 周囲を見回すようになり、逆に自分の立場が理解できるようになった。 森博嗣『四季 3 秋』より引用
  • 頼江は周囲を見回し、今の台詞が誰かに聞かれていなかったかを確認した。 東野圭吾『幻夜』より引用
  • 会場内を見回していると、壁際に人だかりができているのが目に入った。 片山憲太郎『電波的な彼女02』より引用
  • 風祭警部が一同を見回すと、赤い目をした俊夫がゆっくりと顔を上げた。 東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』より引用
  • 避けられぬ運命そう自分を納得させつつ、わたしはあたりを見回した。 川又千秋『1+1=0』より引用
  • 見回してみると、どこからか落ちたのか、一冊の本が床に落ちていた。 篠崎砂美『お隣の魔法使い1 ~始まりは一つの呪文~』より引用
  • 狭いが、機能的に出来ていると思いながら、十津川は、室内を見回した。 西村京太郎『寝台特急(ブルートレイン)殺人事件』より引用
  • そう言われて秋葉は、にわかに人数が多くなった俺の部屋の中を見回す。 奈須きのこ『歌月十夜 41 こみっく月姫』より引用
  • 老人はそう囁いたのち、窓の内側に坐ったまま、そっと辺りを見回した。 鮎川哲也『死者を笞打て』より引用
  • どこだろうと見回すと、ちょうどこちらに向かってくる人たちがいる。 今野緒雪『マリア様がみてる 30 キラキラまわる』より引用
  • 深沢は助手席側のドアを開けて中を見回してみて、すぐにそれに気づいた。 東野圭吾『天使の耳』より引用
  • 早鐘はやがねのように鳴っている心臓の鼓動を感じながら、何度も左右を見回す。 川原礫『アクセル・ワールド 08 -運命の連星-』より引用
  • と見回すと、カウンターの陰に隠れそうな七、八歳の女の子が立っていた。 赤川次郎『結婚案内ミステリー風』より引用
  • 店を出て見回すと、玉川正代が道の反対側へと上がったところだった。 赤川次郎『霧の夜にご用心』より引用
  • 微妙びみょうに深夏が俺と距離きょりをとったため、仕方なく、俺はメンバーを見回す。 葵せきな『生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録2』より引用
  • 馬車があるかと思って見回したが、どこにもそれらしいものは見えなかった。 マロ・エクトール・アンリ『家なき子』より引用
  • 目を閉じていた泰姫が、ふいにまぶたを開き、不思議そうに周囲を見回した。 冲方丁『光圀伝』より引用
  • あまり見てはいけないと思いながら、裕生はぐるりと部屋の中を見回す。 三上延『シャドウテイカー1 黒の彼方』より引用
  • ゆっくり訪れるのは数年ぶりになる従兄いとこたちの部屋を、注意して見回す。 三雲岳斗『レベリオン 第02巻』より引用
  • 外に出たところでいったん足を止め、何かを求めるようにあたりを見回した。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 次へ »