見回す余裕

21 の用例 (0.00 秒)
  • 東京で生活する目途めどが立ち、多少は周囲を見回す余裕ができてからの話だ。 福井晴敏『終戦のローレライ(下)』より引用
  • 足がホッと息をついたところで、やっと部屋を見回す余裕よゆうが生まれた。 今野緒雪『マリア様がみてる 17 チャオ ソレッラ!』より引用
  • 二度目の見学なので、今回は俺にも多少、周囲を見回す余裕がある。 海堂尊『チーム・バチスタの栄光(上)』より引用
  • そこでようやく、パニックから回復して周囲を見回す余裕ができた嵐ちゃんさん。 沖田雅『先輩とぼく 03』より引用
  • 三人の内で一番重い荷物を持っていたにもかかわらず、きょろきょろとあたりを見回す余裕の表情だった。 森博嗣『G 03 τになるまで待って』より引用
  • 初めて瞳は部屋の中を見回す余裕ができた。 赤川次郎『赤いこうもり傘』より引用
  • みな胸がいっぱいで、あたりを見回す余裕よゆうなどなかった。 久美沙織『ドラゴンクエスト5 天空の花嫁 第3巻』より引用
  • アンドレ先輩にばかり気持ちが集中していたから、部屋の中を隅々すみずみまで見回す余裕がなかったのだ。 今野緒雪『お釈迦様もみてる 02 学院のおもちゃ』より引用
  • それより何より通路をはさんで隣の席に聖を見つけてしまったものだから、辺りを見回す余裕なんかほとんどなくなった。 今野緒雪『マリア様がみてる 08 いとしき歳月(後編)』より引用
  • そこでようやく周りを見回す余裕ができた。 沖田雅『先輩とぼく 01』より引用
  • 二年生になったのだから、そろそろ落ち着いて辺りを見回す余裕が欲しいものだ、と客観的な分析はできる。 今野緒雪『マリア様がみてる 10 レイニーブルー』より引用
  • 周囲を見回す余裕ができました。 久美沙織『小説版MOTHER2』より引用
  • 中山は会場を見回す余裕が出てきた。 高杉良『呪縛 金融腐蝕列島II(下)』より引用
  • みどりも、食べることにかけては熱心な子で、郁子は途中、手を止めて、並んだ顔を見回す余裕があった。 赤川次郎『怪談人恋坂』より引用
  • 監禁生活も三日目をむかえると、当初のパニックはおさまって、周囲を見回す余裕よゆうも出てくる。 喬林知『今日からマ王 第07巻 いつかマのつく夕暮れに!』より引用
  • 今回は、あたりを見回す余裕があった。 篠田節子『レクイエム』より引用
  • 咳がどうにかおさまると、ようやくあたりを見回す余裕ができた。 三浦真奈美『風のケアル 第1巻 暁を告げる鐘』より引用
  • そして、やっと辺りを見回す余裕ができる。 今野緒雪『スリピッシュ! 01 ―東方牢城の主―』より引用
  • 周囲を見回す余裕を失い、目の前の仕事にどっぷりかっている自分は、〈ターンA〉のパイロットになりすぎていたのではないか。 福井晴敏『∀ガンダム(下)』より引用
  • まともに顔に浴びた海水が気管に入り込み、征人は周囲を見回す余裕もなくむせ返った。 福井晴敏『終戦のローレライ(上)』より引用

見回す余裕 の使われ方