見回すよう

28 の用例 (0.00 秒)
  • 周囲を見回すようになり、逆に自分の立場が理解できるようになった。 森博嗣『四季 3 秋』より引用
  • 彼女はドアの間から家の中を見回すようにして、手に持った包みを差し出した。 小野不由美『悪夢の棲む家 (上) 挿絵あり』より引用
  • 変態を完了かんりょうした星虫は、全員を見回すようにゆっくりと回転を始めた。 岩本隆雄『星虫』より引用
  • そのままの表情で、ぐるりと他の異獣たちを見回すような仕草をする。 梶尾真治『精霊探偵』より引用
  • それがひととおりおさまるのを待ってから、妻は部屋のなかを見回すようにした。 北野勇作『ハグルマ』より引用
  • 午後遅くには、梨緒は、始終、自分のまわりを見回すようになっていた。 北沢慶/山本弘/友野詳『妖魔夜行 暗き激怒の炎』より引用
  • と言って、孫助はほの暗い天井をぐるりと見回すようなしぐさをした。 藤沢周平『風の果て(上)』より引用
  • 静庵はもう何度も来たことがあるのか、じろじろ邸内を見回すようなことはしない。 五味康祐『薄桜記』より引用
  • 最後に宮内はクラス全体を見回すようにして言った。 麻生俊平『ザンヤルマの剣士』より引用
  • あたりを見回すようにゆっくりと砲塔が動いていた。 北野勇作『人面町四丁目』より引用
  • 何度か叫ぶうちに、看護婦の一人が、ふとあたりを見回すような動作をしたが、すぐに元の仕事に戻ってしまった。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • と、十津川は、部下の刑事たちを見回すようにして、いった。 西村京太郎『終着駅殺人事件』より引用
  • 甚兵衛は両手を胸の前にひろげて、ぐるりと家の中を見回すようなしぐさをした。 藤沢周平『よろずや平四郎活人剣(上)』より引用
  • 夫人はちょっと周りを見回すような仕草をみせた。 宮部みゆき『クロスファイア下巻』より引用
  • 草薙が訊くと、店長は周囲を見回すようなしぐさをしてから顔を近づけてきた。 東野圭吾『予知夢』より引用
  • 伊里野がわずかに歩調をゆるめて、周囲の光景を見回すようにゆっくりと頭をめぐらせた。 秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏 その4』より引用
  • 郁江はあたりを見回すようにしてたずねた。 今邑彩『赤いベベ着せよ…』より引用
  • ロレンスは笑顔えがおのまま、辺りを見回すようなおかさなかった。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅹ』より引用
  • おかげで、地図を片手にキョロキョロ辺りを見回すような挙動不審な真似まねをしないで済んだ。 鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第06巻』より引用
  • その眼は、何かをさぐるように、右へ、左へ、そして、皆を見回すように、ゆっくりと動いたのでありました。 夢枕獏『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ二』より引用
  • 次へ »