見取れ

全て 動詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • それを不満の色と見取ったクラレンスは自らの服のボタンに手をかけた。 ...
  • 父親の眼の中に、又彼の頬の窪みの翳に、モイラはそれを見取っていた。 ...
  • 窓越しに見たとき、井戸の縁石に欠けがないことを見取っていたのである。 ...
  • 新城は爆発の際の火炎の明りで、自分のいる部屋のなかの様子を一と目で見取っていた。 ...
  • 公恵の方でも法子の表情の変化を見取ったのかも知れない。 ...
  • こうした人のからだを直に見取る力は「竹内レッスン」時に生かされた。 ...
  • 粗惡なこしらへであるため、一さいを掌握してゐた醜さが見取られた。 ...
  • Kが横眼で見取ったところでは、監督もおそらく彼の言うことに同感だったらしかった。 ...
  • 相手もこちらの戦意を見取ったのか本腰を入れて迎撃態勢を取る。 ...
  • クーンズは後に彼の三番目の妻となり、その死を見取った。 ...
  • その、善く見ていなければ解らぬ程の僅かな動きを見取って、後ろに控えていた僧がするりと前に出た。 ...
  • ほかに学問や歌に対する手柄はいろいろあるが、この一つは、よく我々の同時代人には、見取っておいてほしいものである。 ...
  • そして同年10月23日、見舞いに訪れた多くの部下・友人たちに見取られ、この世を去った。
  • 時を同じくして明子が子供を産み、一徹が伴に見取られ死亡する。 ...
  • 「そうしてると、かわいいもんだ」 己の言動に非を見取ったときにはもう遅かった。 ...
  • それを見取って、戦場ヶ原から返還されたさかずきを、元あった場所に、忍野が返す。
  • そうして彼はわずかばかりの考えと僅かばかりの感受性とをもって、幻の表現に過ぎないこの人間生活のなかから、あらゆるものを見た目だけで確実なものであると見取ったこのことを、彼は恥かしく思いはじめた。 ...