見取れ

30 の例文 (0.00 秒)
  • それを不満の色と見取ったクラレンスは自らの服のボタンに手をかけた。 ...
  • 父親の眼の中に、又彼の頬の窪みの翳に、モイラはそれを見取っていた。 ...
  • 道中シェイは、地元民が発掘に否定的な態度をとっている様子を見取る。 ...
  • 新城は爆発の際の火炎の明りで、自分のいる部屋のなかの様子を一と目で見取っていた。 ...
  • 公恵の方でも法子の表情の変化を見取ったのかも知れない。 ...
  • こうした人のからだを直に見取る力は「竹内レッスン」時に生かされた。 ...
  • 粗惡なこしらへであるため、一さいを掌握してゐた醜さが見取られた。 ...
  • Kが横眼で見取ったところでは、監督もおそらく彼の言うことに同感だったらしかった。 ...
  • 相手もこちらの戦意を見取ったのか本腰を入れて迎撃態勢を取る。 ...
  • クーンズは後に彼の三番目の妻となり、その死を見取った。 ...
  • その、善く見ていなければ解らぬ程の僅かな動きを見取って、後ろに控えていた僧がするりと前に出た。 ...
  • 時を同じくして明子が子供を産み、一徹が伴に見取られ死亡する。 ...
  • すでに私の憔悴が極端に異常であることを見取った秋成主治医は、では、そういうことにすると言って扉から出て行った。 ...
  • 「そうしてると、かわいいもんだ」 己の言動に非を見取ったときにはもう遅かった。 ...
  • それを見取って、戦場ヶ原から返還されたさかずきを、元あった場所に、忍野が返す。
  • そうして彼はわずかばかりの考えと僅かばかりの感受性とをもって、幻の表現に過ぎないこの人間生活のなかから、あらゆるものを見た目だけで確実なものであると見取ったこのことを、彼は恥かしく思いはじめた。 ...
  • しかしながら私はこのように暗中模索で砂丘の上を進み続けることは不可能であることを見取ったので、ラクダを下り、カンテラをともして砂の海の巨大な波の中間の最も容易な通路を見つけるために先頭に立った。 ...
  • ほかに学問や歌に対する手柄はいろいろあるが、この一つは、よく我々の同時代人には、見取っておいてほしいものである。 ...
  • ハヴィエルの像の信用すべきものは少いと聞いてゐたので私は熱心に見たが、俯向いた横顏で個性の表はれはよく見取れなかつた。 ...
  • 聖域に相応しくないものだったが、生を受け死を見取るのも教会だと思い出し、邪推しはじめた思考をストップさせる。 ...
  • 師の隙を見取ったゴットラムは、石から猟犬を解放してエノイクラにけしかける。 ...
  • 「どうしたのだね、私の顔が、どうかしたのかい」 大介は胸中を見取られまいと、あわてて盃を手にし、鉄平の視線を避けた。
  • 折角指月の指も、その指に見取られてしまつては肝心の月のわからう筈はない。 ...
  • それでも恵は、家の外形が現れた頃からずっと工事を見守っていたので、塀を透かして建物の全部を見取ることができた。 ...
  • そのとき、偶然だったのだが、裕子の胸元に目が行き、そこに、小さな斑紋を見取ってしまった。 ...
  • 或はその献身と奔命は、一見、通常の夫が妻を、見取ってやり得る限度を越えていたかも知れなかった。 ...
  • おれの心中を見取ったか、オハラが嘲笑するように言った。
  • 長年の習慣で、新しい場所に来ると、万が一の場合の攻守こうしゅ逃亡とうぼうの段取りを見取っておきたくなるのだが、ユナが寝ている間に岩屋を見てまわって、大体の構造を頭に入れることもできた。 ...