見下ろす

全て 動詞
2,987 の用例 (0.01 秒)
  • おかわりをついで戻ってきた神名が、ベルを見下ろしながらそう言った。 花鳳神也『死神とチョコレート・パフェ 3』より引用
  • 尚之の方は声の調子も変えず、腕組みをして妹の死顔を見下ろしていた。 内田康夫『後鳥羽伝説殺人事件』より引用
  • ちょうど、ビルの三階ぐらいから地上を見下ろしたような調子であった。 海野十三『洪水大陸を呑む』より引用
  • わたくしの部屋の窓から見下ろしたら、広場はついそこにあるでしょう。 皆川博子『聖女の島』より引用
  • 輸送トラックの高い運転席から彼女を見下ろしている日焼けした男たち。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 目の前に並べられていくそれを、遠坂は複雑そうな顔で見下ろしていた。 奈須きのこ『Fate/stay night セイバー Fate TrueEnd 夢の続き』より引用
  • ふと顔をあげると、背の高い見知らぬ女の人がわたしを見下ろしていた。 乙一『平面いぬ。』より引用
  • 外の風景になど注意を払わないか、見たとしても地上を見下ろすものだ。 山本弘『審判の日』より引用
  • 階段の上は吹き抜けとなっており、一階の廊下を見下ろすことができた。 乙一『暗黒童話』より引用
  • 窓から外を見下ろすと、大勢の人が歩いている様子が上から俯瞰ふかんできる。 乾くるみ『リピート』より引用
  • 私は少し強い風に髪を散らせながら、ぼんやりと村を見下ろすのだった。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編』より引用
  • ベッドに寝ているノーマンを見下ろすと、精神科医になった気分だった。 山本弘『時の果てのフェブラリー 赤方偏移世界 徳間デュアル文庫版』より引用
  • だれも見下ろさず、すべての存在にいとおしさを感じているようにも窺える。 乙一『天帝妖狐』より引用
  • そーッと目を上げて行くと、三人の男が笑いをふくんで見下ろしていた。 海音寺潮五郎『平将門 中巻』より引用
  • それからもう一度穴の中のロレンスを見下ろして、短く言ったのだった。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅰ (電撃文庫)』より引用
  • 白い着物をまとった女がいきなり目の前に現われて太郎を見下ろしている。 森永あい『原作/塚本裕美子 著 山田太郎ものがたり たたかう青少年』より引用
  • 二階の廊下から見下ろす階段は暗いせいもあって断崖のように感じられる。 長嶋有『タンノイのエジンバラ』より引用
  • カーラは倒れた侵入者しんにゅうしゃたちを見下ろしながら、ゆっくりと階段を降りた。 水野良『ロードス島戦記 1 灰色の魔女』より引用
  • この庭を愛した妻は、いま余市の工場を見下ろす美園の丘に眠っている。 川又一英『ヒゲのウヰスキー誕生す』より引用
  • 窓の外には地図で見た通りの形をした北海道の大地を見下ろすことができた。 大崎善生『孤独か、それに等しいもの』より引用
  • 次へ »