見下す

全て 動詞
755 の用例 (0.01 秒)
  • 年齢を話したくないのは、それを理由に見下されるかもしれないからだ。 竜騎士07『うみねこのなく頃に Episode 1 The Legend of the Golden Witch [A3879D13]』より引用
  • 彼がわたしにこんな見下した口をきいたことはこれまでに一度もなかった。 ドストエフスキー/工藤精一郎訳『未成年(上)』より引用
  • 主催者しゅさいしゃは海外からの客を見下し、作品には必ず愚弄ぐろうの言葉がついてくる。 喬林知『今日からマ王 第10巻 外伝 「お嬢様とは仮の姿!」』より引用
  • どうせこの場にはおらず、安全な場所から俺たちを見下しているヤツだ。 奈須きのこ『Fate/stay night 桜 Heavens Feel TrueEnd 春に帰る』より引用
  • 自分は三沢のいた病院の三階から見下みおろされる狭い綺麗きれいな通を思い出した。 夏目漱石『行人』より引用
  • ただの一度も、北森家の人から見下すような態度をされたことはない。 三浦綾子『銃口』より引用
  • あたるは面堂を見下していると同時に面堂の下で働くのを屈辱としている。
  • 頭は人間不信でいっぱいになり、人を見たら見下してやりたくなります。 岩月謙司『女は男のどこを見ているか』より引用
  • 世の中にはああいう人もある位に思って上から見下してやればいいんだ。 豊島与志雄『田原氏の犯罪』より引用
  • 最初は地上世界出身であるゆえに見下されているのだろうか、とも思った。 森岡浩之『星界シリーズ 星界の断章 02 星界の断章 Ⅱ』より引用
  • 一方にはまた、父親らしい一種の見下した感情も抱いていたのですが。 モーパッサン/新庄嘉章『ある女の告白』より引用
  • 感慨深く見下している彼の視野の下に陸地が切れて再び海が見えてきた。 森村誠一『新・人間の証明(下)』より引用
  • そう言った伊三次の表情はほんの少しだけ不破を見下すように見えた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • すると今度は、明らかに見下されたような態度で迎えられるようになった。 貫井徳郎『天使の屍』より引用
  • わたくしは最初から彼を見下していたということに、気づいたのです。 三浦綾子『塩狩峠』より引用
  • そして女が酒を飲んだりしているのをだまって腰をかけたまま見下していた。 小林多喜二『雪の夜』より引用
  • 自らを最も優れた種族であると自認しており他種族を見下す傾向が強い。
  • 彼の頭は私の鼻くらいの位置なのだが、見下されている感じがした。 飛鳥部勝則『バベル消滅』より引用
  • 心の中で呟いて窓から見下した女性団員も多かったにちがいない。 松本清張『黒の回廊』より引用
  • 数年会わないうちに、姉は人を見下すような態度を身につけたらしかった。 佐野良二『闇の力』より引用
  • 次へ »