見上げる少女

13 の用例 (0.00 秒)
  • 呆然ぼうぜんと見上げる少女たちの視線の先で、ネジは時計回りに高速回転し始める。 川原礫『アクセル・ワールド 10 -Elements-』より引用
  • 下から見上げる少女の体は、やはりあまりにも幼かった。 奈須きのこ『歌月十夜 01 本編』より引用
  • 見上げる少女の顔に思わず浮かぶ恐怖と、驚愕と嫌悪の色を彼の目は見のがしはしなかった。 ストウ/山屋三郎・大久保博訳『アンクル・トムズ・ケビン(下)』より引用
  • テレビアニメ『空を見上げる少女の瞳に映る世界』は2009年1月から同年3月まで放送された。
  • ジョクは、十メートルほど下を通過する馬車から見上げる少女が、まだ子供であるのを見て、アリサがハンダノの城でくらしたいというのは彼女の感じすぎではないかと思った。 富野由悠季『オーラバトラー戦記 02 戦士・美井奈』より引用
  • 私は、なおも見上げる少女の頭を、赤子をあやすように、ゆっくりと撫でた。 大槻ケンヂ『ステーシー』より引用
  • 言って、得意そうに頑丘を見上げる少女の笑顔が小面憎こづらにくい。 小野不由美『十二国記 08 図南の翼 小野不由美』より引用
  • 上目遣いにこちらを見上げる少女と猫と。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 11 5121小隊の日常II』より引用
  • 思いつつ、自分を見上げる少女、その幼さに望みを託す。 高橋弥七郎『灼眼のシャナ 第05巻』より引用
  • 見上げる少女を、マナガは抱き上げて、隣に座りなおさせてやる。 大迫純一『神曲奏界ポリフォニカ ポリ黒02 サイレント・ブラック』より引用
  • 元請制作作品は『空を見上げる少女の瞳に映る世界』『たまこまーけっと』を除き、アドベンチャーゲーム・ライトノベル・コミックなどを原作としているが、それらの作品はいずれも基本は原作に忠実であり、その上でサプライズ的な要素を付加させるといったストーリー展開を貫いている。
  • OVAを原点とし、2009年には『空を見上げる少女の瞳に映る世界』としてテレビアニメ版が放送、のちにTVシリーズ後半のディレクターズカット版として映画『天上人とアクト人最後の戦い』が公開された。
  • その後、京都アニメーションが企画制作の全てを行う自社企画「京アニプロジェクト」第3弾として企画された、『空を見上げる少女の瞳に映る世界』は2008年11月10日、テレビアニメとして放映されることが各アニメ雑誌及び公式サイトで公表された。