見る

全て 動詞
158,263 の用例 (0.02 秒)
  • そういわれて見ると彼れは自分の小屋が何所どこにあるのかを知らなかった。 有島武郎『カインの末裔』より引用
  • しかし彼女は誰の目にも見すぼらしいなりをしているのに違いなかった。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • 僕等の議論は今になって見ると、ほとんど議論にはならないものだった。 芥川竜之介『彼』より引用
  • 私は駈けずりまわりながらも妹の方を見ることを忘れはしませんでした。 有島武郎『溺れかけた兄妹』より引用
  • 何小二はその胡麻の中に立っている、自分や兄弟たちの姿を探して見た。 芥川竜之介『首が落ちた話』より引用
  • まだ見なかった父の一面を見るという好奇心も動かないではなかった。 有島武郎『親子』より引用
  • まだ見なかった父の一面を見るという好奇心も動かないではなかった。 有島武郎『親子』より引用
  • よく見るとその男は、ぼくの妹と弟とを両脇りょうわきにしっかりとかかえていた。 有島武郎『火事とポチ』より引用
  • みんないったんみずなかあたまがかくれましたが、にまたます。 菊池寛『醜い家鴨の子』より引用
  • 猫も虎も見わけられないから、同じやうにいてすましてゐるのである。 芥川竜之介『続野人生計事』より引用
  • おさがおはそのままながら、どうても十歳位とおくらいにはえるのでございます。 浅野和三郎『霊界通信 小桜姫物語』より引用
  • 君は始めて気がついたように年老いた君の父上のほうを振り返って見た。 有島武郎『生まれいずる悩み』より引用
  • 父が死んでから、兄は兄だけの才覚をして店の体裁を変へて見たりした。 有島武郎『お末の死』より引用
  • 近くで画を見ていた二三人の見物が皆云い合せたようにこちらを見た。 芥川竜之介『沼地』より引用
  • 電燈の光でよく見ると、驚いたことにはそれが僕の帽子らしいのです。 有島武郎『僕の帽子のお話』より引用
  • けれどもすぐまた横眼でジムのテイブルの方を見ないではいられませんでした。 有島武郎『一房の葡萄』より引用
  • 試みに杖などであばいて見ると、その中には山蟻が一杯群をなしている。 飯田蛇笏『茸をたずねる』より引用
  • 私は更に愛を出発点として男女の関係と家族生活とを考えて見たい。 有島武郎『惜みなく愛は奪う』より引用
  • その時の能勢の顔を見るだけの勇気が、自分には欠けていたからである。 芥川竜之介『父』より引用
  • わたしはこれから、その時の物語を思ひ出づるまにまに再記して見たい。 石川三四郎『浪』より引用
  • 次へ »

見る で始まる単語