見て廻る

45 の例文 (0.00 秒)
  • そうしてお前と一緒に借りていた家は、古いのから古いのから見て廻った。 ...
  • 帆村は子供の頃の心に帰って、それからそれへとカラクリを見て廻った。 ...
  • いや、そのときも彼は、ただ見て廻るふりだけをしていたに違いない。 ...
  • そして妙にいろいろなことを尋ねたり、家の中を見て廻ったりするんだって。 ...
  • 船で見て廻るうちに、男は五百円懐中ふところに入れたまま、海へ落ちて死んだ。 ...
  • ポオルは、彼女の態度には気付かず、そのまま庭を見て廻るのを続けた。 ...
  • 三吉は姉のお種に連れられて、めずらしそうに家の内部なかを見て廻った。 ...
  • 年を取って、愉しみに世界を見て廻っている人たちのように思われた。 ...
  • 食後に、私達は主人に案内されて、黒い土の色の畠の方まで見て廻った。 ...
  • その時の用意として、自分は、東北の海岸の地形や要害を見て廻っている。 ...
  • 全部見て廻ってから、飛龍座の隣りの休業中の小屋へもう一度戻ってきた。 ...
  • その間に、九両の車両を見て廻るのは、別に、難しくはなかった筈だ。 ...
  • 前線を見て廻って来た織田信長の使番衆は、この事実を卒直に報告した。 ...
  • 部屋の中を見て廻ると、彼が貸した本が二冊、棚の上にあった。 ...
  • 何も一種類のものを見て廻ろうとするのではありません。 ...
  • そしてこの伝説に関する重要な史料がある場所もひとわたり見て廻ることが出来た。 ...
  • 船客は銘めい自分の船のような顔をして大得意で船内を見て廻る。 ...
  • 次へ