見かねる

全て 動詞
20 の用例 (0.00 秒)
  • 彼女の苦労を見るに見かねて、子供をつれて逃げた方がよいともいった。 駒田信二『一条さゆりの性』より引用
  • はてしのつかない二人の議論を見るに見かねて奥さんが仲へ入りました。 夏目漱石『こゝろ』より引用
  • まわりが見かねて手術をすすむるでしょうが、えずがってせんですたい。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • はてしのつかない二人の議論を見るに見かねて奥さんが仲へ入りました。 夏目漱石『こころ』より引用
  • 葉介がまだ匂いを気にかけている様子を見かねて恋人は言った。 原田宗典『屑籠一杯の剃刀 自選恐怖小説集』より引用
  • この男の非論理的思考を見るに見かねて口出ししてしまっただけだ。 東野圭吾『容疑者Xの献身』より引用
  • 見かねたリディアが口を出せば、彼女は信じられないという顔をした。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第18巻 魔都に誘われた新婚旅行』より引用
  • 私が一人で掃除しているのを見かねて、それでこんなことをしたのでしょう? 伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第05巻』より引用
  • トラを連れてきたのも、寝場所がなくて困っているあなたを見かねてのこと。 歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』より引用
  • 百合は、そんな夫を見かねて、手や口を使って慰めようとしてくれた。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • 見るに見かねてとうとう木戸のおばあちゃまが笑いながら口を出した。 横溝正史『支那扇の女 他一篇』より引用
  • 何も持っていないので、見かねた母親が買ってくれたものだった。 桐野夏生『OUT(下)』より引用
  • 私が素手で悪戦しているのを見かねて、小西さんが交代してくれたのだ。 植村直己『青春を山に賭けて』より引用
  • 遂に見るに見かねて、乗り出して来て、この一家の財産整理にかかった。 三好十郎『俳優への手紙』より引用
  • どうやらなかなか戻ってこないのを見かねて、彼女がかり出されたらしい。 白瀬修『おと×まほ 第01巻』より引用
  • これを見かねた秀吉は6月16日に京都へ向かい織田信長に指示を仰いだ。
  • それで見るに見かねたのか、ずっとだまっていた千夜子が口を開いた. 新井輝『ROOM NO.1301 僕と綾さんと雪辱の痴漢プレイ』より引用
  • 我等の苦境を見かねて、助けの手を差し伸べにきてくれることもある。 久美沙織『小説 エマ 2』より引用
  • あの女のために大作が身を誤ろうとするのを、母として見かねました。 横溝正史『人形佐七捕物帳 05』より引用
  • 見るに見かねたから、ちょうど市造さんが通りかかったで、頼んで連れて来た。 三好十郎『樹氷』より引用