見かけませ

93 の用例 (0.00 秒)
  • あとは二十六日に当番だということで職員室に来たのを見かけました。 乾くるみ『Jの神話』より引用
  • 白い色のやつなんですけど、村井さん、どこかで見かけませんでしたか? 乙一『失踪HOLIDAY』より引用
  • 私は又た旦那様のあごから美しく白く並んだ御歯が脱出はずれるのを見かけました。 島崎藤村『旧主人』より引用
  • 同じこの白でかわやに取りつける朝顔を作りますが見事な形のを見かけます。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • またある店の前に女の人が二三人立っているのも見かけました。 ヘッセ/芳賀檀訳『漂泊の人(クヌルプ)』より引用
  • でも、とうとう五日目に、わたしたちは、前方ぜんぽうひくりくせんを見かけました。 ロフティング『ドリトル先生物語10巻 ドリトル先生と秘密の湖』より引用
  • 特に初期に属する単純なものに卓越したものをしばしば見かけます。 柳宗悦『民芸とは何か』より引用
  • それに形が独特で全く他の地方に類似する品を見かけません。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • こうして何週間なんしゅうかん何週間なんしゅうかんもたちましたが、一せきのふねも見かけませんでした。 ロフティング『ドリトル先生物語11巻 ドリトル先生と緑のカナリア』より引用
  • 電車の中なんかで、全く女のとおりのにらみかたをする男をこの頃見かけます。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 真鍮しんちゅう製の燭台しょくだいだとか仏飯器ぶっぱんきなどには雄大な感じさえするものを見かけます。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • 作るものに外国の品を真似まねたものをほとんど見かけません。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • 僕はあの人に、この上なく明らかな親切と徳のしるしを見かけました。 佐藤正彰訳『千一夜物語 06』より引用
  • それに、お邸のまわりをうろついているような者も、見かけませんでした。 クリスティ/能島武文訳『ABC殺人事件』より引用
  • わたくしは、偶然にその娘さんをキンロス・ホテルの庭で見かけましたが。 松本清張『黒の回廊』より引用
  • 紙布としてはこんなにも技術の進んだものを他に見かけません。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • ニューマンがわたしを迎えようと駅で待っている姿を見かけました。 クリスティ/山崎昂一訳『ミス・マープルのご意見は?1』より引用
  • こやつが、あなたの後をつけて行くのを見かけましたのでな。 池波正太郎『剣客商売 06 新妻』より引用
  • 「だれでも見てますよ」 「私も見かけました」とモントーヤがいった。 ヘミングウェー/高村勝治訳『日はまた昇る』より引用
  • わたしおよいでゆきながら、数人すうにん船員せんいんがそばをおよいでいるのを見かけました。 ロフティング『ドリトル先生物語12巻 ドリトル先生の楽しい家』より引用
  • 次へ »

見かけませ の使われ方