見かけ

全て 動詞 名詞
10,959 の用例 (0.02 秒)
  • 町を歩いて店をのぞきますと、他の国には見かけないものが二つあります。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • 東京では見かけないような特殊なものが地方まわりをしているらしい。 宮本百合子『観る人・観せられる人』より引用
  • 河岸どおりから姿を見かけて、約束どおり店からここへ駈けてきたのだ。 吉川英治『鳴門秘帖』より引用
  • それは大金庫の扉のような見かけを持って背の高い金属製の大扉であった。 海野十三『超人間X号』より引用
  • この見かけだけは安全そうな土地の危険さを私もいくらか体験できたわけだ。 カフカ/中井正文訳『変身』より引用
  • それは、竜之助を見かけて呼んだものとしか思われないのであります。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • これを知らない外国人などがよく魔誤まごついているのを見かけたものだ。 谷譲次『踊る地平線』より引用
  • 外国婦人につれられて歩いているのを見かけたといったものもある。 長谷川時雨『旧聞日本橋』より引用
  • そのうちに岸本は家の方から往来の片側を通って来る兄の姿を見かけた。 島崎藤村『新生』より引用
  • 見かけほど胡散臭うさんくさい人物ではないのかもしれないと思い始めたようだった。 村上春樹『1Q84 BOOK3』より引用
  • 確かにあまり気持ちのいい外見ではないし、街中では滅多めったに見かけない。 谷川流『涼宮ハルヒの退屈』より引用
  • この間あたしのリサイタルで、たしかに見かけたつていふひとがゐるの。 岸田国士『誰でもない……自分でもない』より引用
  • 私は又た旦那様のあごから美しく白く並んだ御歯が脱出はずれるのを見かけました。 島崎藤村『旧主人』より引用
  • といったが、考えてみると、ほかに誰もそんな人を見かけなかったようだ。 海野十三『海底大陸』より引用
  • もう一人の方は、この村では、つい見かけたことのない婦人に見えた。 堀辰雄『麦藁帽子』より引用
  • 共働きだと思うが、最近は、ご主人をほとんど見かけたことがなかった。 神崎京介『禁忌』より引用
  • 韓国では日本の植民地時代以前には妻帯した僧など見かけられませんでした。 李御寧『「縮み」志向の日本人』より引用
  • 同じこの白でかわやに取りつける朝顔を作りますが見事な形のを見かけます。 柳宗悦『手仕事の日本』より引用
  • ただ彼らを国で知っているある人が、姉を見かけたというのである。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 鞭馬とみゆきを見かけてけてきたか、散歩中に偶然出会ったのだろう。 菊地秀行『妖戦地帯1 淫鬼篇』より引用
  • 次へ »