見おろす

全て 動詞
1,298 の用例 (0.01 秒)
  • ハリーを見る時に必ず見せる悲劇的な目つきでハリーを見おろしていた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04a ハリー・ポッターと炎のゴブレット(上)』より引用
  • 美佐子が夫の目をみると、かれは自分の靴先を見おろして静かに言った。 多島斗志之『追憶列車』より引用
  • 顔を上げると、グイオンの黒い目が謎めいた光を帯びて見おろしていた。 クーパー『(闇の戦い4)樹上の銀(完)』より引用
  • それから今度はむしろ挑むようにわざと大きな眼でこちらを見おろした。 遠藤周作『沈黙』より引用
  • 少しせて身長せいの高い先生は笑顔えがおを見せて僕を見おろしていられました。 有島武郎『一房の葡萄』より引用
  • はっとして顔をあげると、黒い巻き毛の青年がこちらを見おろしていた。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第16巻 誓いのキスを夜明けまでに』より引用
  • そのつもりで見れば、港を見おろすその丘は城として格好の場所であった。 新田次郎『昭和新山』より引用
  • ベランダから見おろすと、このマンションの下のほうで炎が動いている。 星新一『地球から来た男』より引用
  • それで、彼はほとんど発見される危険もなしに庭を見おろすことができた。 ホーソーン・ナサニエル『世界怪談名作集』より引用
  • 真昼の東京を見おろすホテルの部屋で、ふたりきりで食事を楽しみたい。 馳星周『生誕祭(上)』より引用
  • それがすむと、彼は満足げな目つきで自分の裂けたシャツを見おろした。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • それがすむと、彼は満足げな眼つきで自分のさけたシャツを見おろした。 ユゴー/斎藤正直訳『レ・ミゼラブル(下)』より引用
  • 堂の広さはわずかに二坪ぐらいで、修善寺の方を見おろして立っている。 岡本綺堂『秋の修善寺』より引用
  • お天気がよけば出かけて、港を見おろす絵をかこうと思っていますので。 クーパー『(闇の戦い0)コーンウォールの聖杯』より引用
  • 動物のように目脂めやにの溜った眼でこの男はかなしそうに私を見おろしました。 遠藤周作『沈黙』より引用
  • そして、高い安全な場所から、自分がのがれてきた敵の方を見おろした。 オウィディウス/田中秀央・前田敬作訳『転身物語(上)』より引用
  • 太市がおどろいて見上げると、すぐ横の二階から老人が見おろしていた。 松本清張『危険な斜面』より引用
  • つまり、昔この大聖堂の塔の頂から見おろした当時のパリの眺めである。 ユゴー/辻昶・松下和則訳『ノートルダム・ド・パリ(上)』より引用
  • かれは足元にのびる自分の影を見おろし、言われたとおりのことをした。 エディングス『ベルガリアード物語4 魔術師の城塞』より引用
  • 遠くゆくての橋のうえに、みるともなく水を見おろしている女の影があった。 山田風太郎『忍法帖1 甲賀忍法帖』より引用
  • 次へ »