覆イ

全て 名詞
18 の例文 (0.00 秒)
  • 隣の屋根の上に出てるおおいのある亜鉛とたんの煙筒のためにできてる影だった。 ...
  • ハリーが通ったあとで、手で口を覆いながらヒソヒソ話をする者もいた。 ...
  • エゴイズムを基礎とする関係機構への不安を覆いかくしがたいのである。 ...
  • 私が顔の下半分を包帯で覆い隠していたのは、その時の怪我が原因でした。 ...
  • 彼女の頭半分を覆い隠していたのは、銀色の巨大なヘッドフォンだった。 ...
  • スムーズな運転で地下駐車場を出ると、灰色の天井が覆い被さってきた。 ...
  • あとは穴の天井に雨除けの覆いをして、新しい年を迎えることとなる。 ...
  • あるいはそれを覆いかくしていたのが人間の魂の薄い層だとしたら。 ...
  • やがて入り口に小さな影が覆いかぶさったので顔をあげてそちらを見た。 ...
  • 北麿はそれを見て慌てて両手で顔を覆い、親指で耳を中指で目を塞いだ。 ...
  • いっぱいそれを入れたタンクが、おおいをかけたテーブルの上においてある。 ...
  • うすらさびしいのだが、しかし周囲は緑と茶色におおいつくされているのだ。 ...
  • しかしそれはしばしば集団の強烈な同一化によって覆い隠されてしまう。 ...
  • あるレベル以上の指揮者が性格を覆い隠しがちなのは、わかっている。 ...
  • 父はまだ帰ってきていないらしく、そのお膳にはおおいがしてあった。 ...
  • 懐から布をだし、口と鼻を覆いながら、マコウカンは辺りを見まわした。 ...
  • だからパンツ一枚になって、穴に砂を埋め戻して全部を覆い隠してしまった。 ...